ダイエット

【体験談】食べても大丈夫!半年で8キロやせました!リバウンドなし!!

半年かけて約8キロのダイエットをしました!
その後もリバウンドせず体重を維持しています。

運動が苦手、食べることが好きな私でもダイエットができました。
実践したダイエットを紹介したいと思います!!

親が糖尿病に

私は、元々太っていました。
やせたいやせたいと思いながら、テレビでダイエットの特集を見ながらお菓子を食べるような生活でした・・・。
そんなダメな私でしたが、健康のためにダイエットを決意しました!

若い頃から肥満体型でしたが健康診断では肥満を指摘されていましたが、自分だけは大丈夫と健康を過信していました。
しかし!

親が糖尿病になったのです。
病院に入院し食事の指導を受け、食事制限をしながら通院する親の姿をみて、焦りを感じました。

やせなければいけないと思いつつ、運動や食事制限はなるべく避けたいと思っていました。

レコーディングダイエット開始

まず、レコーディングダイエットを実践してみました。
レコーディングダイエットは、食事と体重を記録しますが、私は体重を測るだけにしました。
昼は職場の人と食事をするので、昼食に何を食べるかメモするのが恥ずかしくてできませんでした。

今だったら、スマホのメモに食べたものをサッと記載すればいいと思います。
冷蔵庫のドアに貼ったカレンダーに体重を書き込みます。

冷蔵庫を開ける度にカレンダーの数字が目に入るので、体重を意識するようになりました。
体重を毎日測ることで、不思議と食べ過ぎが減りました!

「食べたら太る」と考えると自然と食べ過ぎをコントロールできるようになりました。

間食をやめる!

次に毎日の習慣だった間食をやめました。
間食をやめたのですが、食事の量を増やしました。

え?と思う方もいるかと思います。

食事の量を減らすのがダイエットの基本ですよね。

普段の私の食事は、ご飯とおかず一品程度の食事でした。
食事だけでは満足感が得られないので、間食を食べていたのです。

間食をやめるに食事の量は増やしたのですが、1日のトータルのカロリーは減っていたと思います。
スナック菓子1袋のカロリーより、野菜たっぷりのおかずのほうがカロリーは低く満足度は高かったです。
サラダを食べるとき、ドレッシングをかけるとカロリーが高くなると言われていたので、ノンオイルドレッシンングを愛用していました。

我慢するダイエットは、私にはできないので食べるものを変えました。
食事のスピードもゆっくり時間をかけて食べるようになりました。

時間をかけて食事をすると満足感が得られて、食後に間食がなくても辛くなかったです。
ダイエットを始めて一か月程度は毎日体重が減っていきました。
このまま順調に痩せるのかと思ったとき、体重が落ちなくなりました。

むしろ食事の量を減らしているのに体重が増えるんです。
ダイエットを挫折しやすい時期、停滞期が来たのです。
ネットで調べるとダイエットが順調に進んでいると、体が生命の危機を感じ省エネモードになるということでした。
停滞期は2週間から1か月程度続くとありました。

わたしは1か月全く減りませんでした。
少しでも落ちればと、夕食を抜くこともありましたが、食事を抜くと体重が増えたりしました。

ここで自暴自棄にならず、ひたすら耐えることで再度体重が減り始めました。
ダイエットを始めた頃ほど体重の減り方は多くはないのですが、カレンダーの体重を見ると緩やかに減少しているのが確認できます。
停滞期の辛さを経験した後なので、少しでも体重が減っていることが励みになりました。

食生活の改善は今も意識していますが、最近は間食をすることも時々あります。
半年間ダイエットして間食も我慢していたのですが、我慢する事でイライラすることもありました。
今は我慢すると反動でドカ食いしてしまうことを考えて、あまり我慢せず少しだけ食べています。

運動と体重計を

間食をするようになったので、運動するようになりました。
食べることを我慢してストレスになるなら、罪悪感が少なくなるように体を動かしています。
駅は階段を使ったり、家でストレッチする程度なのですがリバウンド防止の効果はあります。

毎日体重計に乗ることはダイエットする際には有効です。
体重の増減を把握することで、自然と食事にも気を付けるようになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

短期間で何キロもやせるダイエット方法ではありませんが、普段の生活を少し変化させることでも瘦せることは可能です。
ダイエットは体重を一時的に減らすことよりも、やせた状態を維持する事が大切です。
ダイエットを繰り返すことで、瘦せにくい体質になるそうです。

我慢はせず、自分の体重を把握することで食事の量も意識するようになりました。
即効性はないけれど、ストレスなくダイエットしたい方は、体重を毎日測ることから始めてくださいね!