マイホーム

【体験談】転勤族の妻のマイホーム購入(居住地ではなく遠方地で購入)

転勤族の夫がいる我が家。
2~3年に一度、転居をしていて、いつまでついていくんだろう・・・と悩んでおりました。

そこで!
第一子の小学校入学のタイミングに合わせて、新居を持とうと夫婦で決めました!
そして、できれば自分たちの思いを込めた注文住宅が良い!と。

当時の居住地は福井県です。
そして、新居を持ちたいと思っていたのは、夫婦の実家のある奈良県・・・。

遠く離れた場所でのマイホーム建築には、紆余曲折がありました。
私のマイホーム購入体験が、これからマイホームを買おうとしているあなたのご参考になれば幸いです!

いい土地が出ても、すぐに見に行けない。チャンスを逃してしまうかも・・・

新居を建てたい場所の場所はだいたい決めていたので、条件に合う土地が出てくるかが心配でした。
小学校入学までには入居したいと思っていたので、逆算すると前年の5月頃には土地を決めておかなければいけません。

この時点で一番いいと思う場所に決めようとしていました。
探していたエリアはバス利用・・・。

バス停から8分までなら許せるかな、小学校までは近いほうがいいな、近くにスーパーがあるといいな、といろいろな希望がありました。
でも、なかなか希望通りの土地が出てきません。

不動産屋さんから、新しい土地の情報をもらってもすぐに見に行くことができないので、週末まで待っていたらその土地は売れてしまったということもありました。
いよいよ、デッドラインの5月になり、ここだ!と思える土地に出会えず、家づくりに妥協することも必要なのかな・・・と思ったころ、不動産屋から連絡がありました。

この土地は、私たちの希望を全て叶えてくれました。

ただ、200万円ほど予算オーバーです。
でもとっても魅力的な土地です。

建物で少し予算を削ることに決め、この土地に即決しました。

タイムリミット付きのハウスメーカー探し

土地のローンが先に始まってしまうので、どこのハウスメーカーで、どれくらいの金額の建物を建てるのかの見積書が必要になります。

ハウスメーカーも早々に決めなれければいけません。
不動産屋さんにオススメのハウスメーカーを聞いたり、私たちも情報収集をしたりして3件に絞りました。
毎週末、奈良県に行き、ハウスメーカー巡りをしました。

1件訪れると、話が長くなり、3人の子どもたちは退屈し、とても疲れてしまいました。
土地で予算オーバーだった分、建物で予算を抑えるとどうしても希望を我慢しなければいけなくなってしまいます。

そこで、建物の品質にこだわっているけれど、比較的低価格のメーカーに決めました。

夢のマイホームへ。一番悩んだけど、後悔なし!間取りづくり

家づくりで一番楽しみにしていたのが、間取りづくりです。

時間があれば、インターネットでいろんな間取りを探して、「これやりたいな」「こんなのいいな」と夢が膨らみました。
夫は間取りにあまり希望がなかったので、私の思いをたくさん詰め込むことができました。

子どもが外でトイレに行きたくなり、帰ったらすぐに入れるように、トイレは玄関から近いほうがいいな。
冷房や暖房が効きにくくなるから、リビング階段じゃなくてもいい。
キッチンは対面で、子どもたちの様子が見られたらいいな・・・など。

その中でも家事動線にはこだわりました。

特に洗濯動線です。
洗って、干して、しまう。私にとって、家事の中でもこの流れが一番ストレスになっていたからです。

その解決策として、脱衣・洗面所を広く取りました。

洗濯したものをそのまま脱衣・洗面所に干します。

晴れていたら、近くの階段から2階のベランダに干しに行くこともできるし、すぐそばの勝手口から外に干すこともできます。

雨だったら、そのまま部屋干しで。
そして、脱衣・洗面所の収納スペースに乾いた洗濯物をしまうという、あまり動かずに洗濯を終えられるように考えた間取りです。

実際に生活してみても、洗濯のストレスはなく、快適に過ごせています。
その他にも、大きくなくても収納を各所に設けました。

玄関ホールのちょっとした収納には日用品のストックを。
リビングにも収納を持つことで、すっきりとしたリビングを保つことができます。

入居してみて

入居して、9ヶ月。この家で暮らせて、とっても幸せです。

それも、土地探し、メーカー選び、間取り…全部に妥協せず、希望が叶ったからだと思います。

家は一生に一度の買い物です。
とっても満足のいく、買い物ができました!

まとめ

いかがだったでしょうか?

居住地ではなく、遠方地で注文住宅を購入した私の経験を記事にしました。

これからマイホームを買われるあなたのご参考になりましたでしょうか?

色々、制限のある中でのマイホーム探しにはなるかと思いますが、決して妥協せずにご自身が納得されるものを探して下さいね\(^o^)/

私の経験が少してもお役に立てれば幸いです。