転職

【体験談】ブラック企業からの転職(住宅補助など使えるサービスの紹介も含めて)

 

ブラック企業からは早く逃げた方がよい!!

転職活動しなきゃいけなくなった理由は、ズバリ、新卒で入った会社がブラック企業だったからです。

冗談だと笑う人もいますが、生活の事を考えると不安になることもありました。

当時、1人暮らしで18万円ほどの手取りで働いていた私にとっては、大きな決断でした。

何がひどかったのかというと、新卒だったにも関わらず、今まで人材育成を会社でしたことがないと言い切り、指導に不向きな人が当たってしまったからです。

2ちゃんねるのコピーを無言で渡してきて、これあんたのことだからと言って攻撃してきた先輩のこと、こんな仕事しかできないのかと言ってきた課の上司、あの中で洗脳されて心が荒んで、入ってきた別の人をいじめる立場なんてなりたくないなって入社した頃は思いました。

ですが、4ヶ月続くとそんな人間なんだなとマイナス思考にかなり偏ってきたので、他の人に辞めたら良いんだよって言われて辞めることにしました。

今思えば、その決断は良かったと思います。心が病んでいたら何をすることもできないって思います。

ハローワークのカウンセリング、住宅補助の利用

4ヶ月のために失業保険も貰えなくて一人暮らし、何ができるのか、悩みに悩んでまずはハローワークのカウンセリングに直行しました。

心を客観的な視点で見て自分の心が病んでいるのか確認をしていただきました。

心が病んでいないことを確認した後は、福祉課に行き、まずは、住宅補助の申請をしました。

失業保険が無かった私にとっては東京に住んでいることもあり実家から転職活動するよりも東京にいたほうが有利と考えて、住居がなくなる心配が無いように手続きを取りました。

家賃は6万円ほどで、このことは家を管理している不動産屋さんに相談した時に教えていただいて、条件を確認して戴いたあと、手続きで問題なく進みました。

5万3000円ほど頂いたのはとてもありがたかったです。

スポンサーリンク

転職エージェントの活用

次に、研究職中心のエージェントに応募したり、他のジャンル含めて、応募しました。

50社ほど応募して、面接に行ったのは5社でした。

エージェントの相談や調整もしていただき、比較的多く進んだと思っています。

働く自信の取り戻し方

ですが、2ヶ月で決まらない状態だったので、精神的に堪えてきたためアルバイトをはじめました。

アルバイトと言っても単発のバイトですが、減っていく貯金通帳の金額を見ていくのが本当に辛かったです。

あんなに新生活に期待して、ニコニコして頑張ろうと思って貯金して貯めたお金が10万単位で飛んでいったら流石に辛かったです。

アルバイトをやってみたらお金以外に効果がありました。
まずは、働く自信が戻ったことなんです。

単純な業務でも、仕事をこなしてお金がもらえるという経験が自信になりました。

お弁当の詰め込みバイトや売り込みのバイトをして、教えてもらったことをしっかりやるそれだけで罵倒もされず収入が貰えた時点で心が安定しました。

精神的な面が安定すると自分の面接でも、長所を言いやすくなりました。

自分が前の会社でダメ出しされていた部分で短所が目立っていたのですが、自分が真面目で比較的初対面の人と話すことが得意という長所はバイトが経験で見つかって自己アピールに追加することができました。

転職活動はそのアルバイトを始めて、生活費の心配をしない状態になってから充実するようになりました。

やっぱりお金の心配は、エージェントさんでも対応はできないので、動くのは自分しかやっぱりいなかったんだと思います。

お金の心配はない、2度とブラック企業に捕まりたくない、カウンセリングやセミナーを利用して、自分に不備があったから転職しているんだって思われたくないって思っていました。

それを跳ね返すだけの長所って自己アピールしようと思っても、心が病む直前の段階では思いつかないものです。

現在は研究職として、研究の技師の仕事に就いていますが、そういった経験があったからこそ今の自分がいると思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

就職して4ヶ月で会社をやめるということは勇気のいることかもしれません。

しかし!

就職した企業がブラック企業だった場合には、勇気を振り絞っていち早く脱出するべきです。
文中にも記載した通り、心が病んでしまったら取り返しのつかないことになります。

ハローワークでのカウンセリングや住宅補助の制度は上手く利用されるといいと思います。

私の就職して4ヶ月という早期の退職→転職活動の体験談がブラック企業で悩まれているあなたのご参考になれば幸いです。