留学

【体験談】フランス留学を考えているあなたへ〜具体的なアドバイスの紹介〜

こんにちは!

私の留学経験をご紹介してフランス留学を考えているあなたに、少しでもアドバイスができたらと思います。

まずは、簡単に私の留学歴についてご紹介しますね!

私の留学経緯は?

日本の大学の学部4年次に大学の交換留学制度を利用して、フランスの大学に1年間留学(2014年9月~2015年8月)

帰国後、日本で学部を卒業し、再渡仏を決意しました。

交換留学時と同じフランスの大学の修士課程に登録し、研究を続けています(2016年9月~)

今回は、主に初めて留学するあなたに向けて、私の交換留学の経験から、私が感じた良かったこと、反対に困ったこと、そして留学前のアドバイスを紹介します。

これから留学を考えている、現在留学中で何か壁にぶつかっているケースのヒントになればうれしいです。

フランス留学 ここがよかった!!

フランス語のスピーキング力が伸びたこと

留学したんだから当たり前でしょ?と思われるかもしれません。

・・・が!!留学=ペラペラになる!ではありません!!

フランスにいても日本人ばかりとつるんでいれば、フランス語を使う機会はなく、結果的にたいしてフランス語力が向上することなく留学を終えることになります。

これは日本人に限ったことではありません。

留学当初は、フランス語にも自信がないし、まわりが話していることも分からないので、同じ国同士でつるんでいた方が楽ですし、安心します。

ですが、留学期間は限られています。

留学の最大のメリットは、人それぞれ違うと思いますが、ひとつに、その言葉が実際に話されている場所で、その言語話者たちの中に混じって暮らし、その言語を身体に染み込ませる、ということだと思います。

そのためには、外に出て、積極的に現地の人と交流することが一番効果的な方法です。

そして、文法に自信がなくても、とにかく話す、話す、繰り返す!ことが重要です。

このことによって、話す力、聞く力が伸びていきます。

具体的には、同じ寮に住んでいる留学生たちに話しかけたり、タンデムを利用して日本語を学びたいフランス人と友達になったり、あるいは大学主催のイベントに参加したり、大学附属のスポーツクラブに通い友達を作ったり・・・

友達を作る機会は無限にあります。

一番重要なのは自分から話しかけてみるということです。
しかし、私も最初は人見知りをして全く友達ができませんでした。

かといって、日本人とばかり過ごすのも違う・・・

そこから大学の授業で近くに座った人に話しかけてみたり、イベントに参加してみたりして、少しずつ話す相手を増やしていきました。

そして、間違ってもいいから話すことを怖がらなくしていきました。

学生という身分を生かして「安く」楽しめる

他の国のことは分かりませんが、フランスは学生に本当に優しい国です。

補助のおかげで、寮の家賃は月200€ほどでした。

また、学割が充実しており、しかも半額以上安くなることもしばしばあります。

TGVの若者割引(carte jeune)を利用すれば移動費も安くなり、美術館や観光施設にも学割で安く入れます。

時間はあっても、お金はない学生にぴったりではないでしょうか。

逆に、あれ?思っていたのと違うかった・・・

最初の項目と関連しますが、フランス人の友達を作るのが、思っていた以上に難しいということです。

私は留学してすぐに現地の大学の授業を受講しましたが、もちろん大半はフランス人ばかりです。

そして、クラス内の人間関係はすでに出来上がっていたので、その中に入っていくのは難しかったです。
待っていても友達はできませんでした。

しかし、単位を取るためには、フランス人の力を借りた方が少しは楽になります。

授業のノートを見せてもらったり、分からなかった部分を聞いたり、テスト前の勉強を一緒にしたり、授業の友達は作っておくべきです。

そのためには、「やはり自分から話しかける」です。

「これが分からなかったんだけど・・」
「ノート見せてくれない?」
「発表一緒にやらない?」

など、授業で近くに座っている人に話しかけてみましょう!

冷たい対応をしてくる人もいるかもしれませんが、大半の人は親身になって助けてくれるはずです!

留学を考えているあなたへのアドバイス

①留学先がまだ決まっていない段階であれば、候補となる大学、機関のホームページからどんなことができるのか、何が強みなのか、などを調べましょう。

また、街についても調べておくべきです。
何ができるのか、治安はどうなのか、などを調べましょう。

さらに、身近にすでに留学していた方いたら、直接話を聞きに行ってみましょう。
具体的な話が聞けるはずです!

②さらに奨学金制度なども調べておくべきです。

大学経由であれば、その大学独自のものから、公的、私的な奨学金まで数多くありますし、個人で行く場合でもトビタテ!は目を通しておいて損はしません!

③また、語学の勉強も継続して行うことが大事です。

交換留学であれば、受け入れ先の大学から一定の語学レベルを求められるはずなので、まずはそのレベルに達することです。

さらに、日本での勉強では足りていないであろうスピーキングの練習もすでにやっておくと、現地に行ってからそこまで落ち込まずに生活を送ることができます。

私は、大学の留学生との交流サークルに参加して、積極的にフランス語を話すようにしました。

④最後に、自分はこの留学で何をしたいのか、何を成し遂げたいのか、目標を明確にしておくことです。

これは留学中に落ち込んだとき、やる気がなくなってしまいそうなときに、役立ちます。

自分はなぜここに来たのか、そう自問したときに、このためだ!

と自分を奮い立たせることができます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

色々書きましたが、最後に一番重要なのは留学を楽しむことです!

思い通りにいかないことがあっても自分を責めたりせず、自分はゆっくり成長しているのだ!と信じて頑張りましょう!!

私の留学体験談が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。