ダイエット

【体験談】簡単な運動・食事・入浴ダイエット〜無理なく3ヶ月で4.1kgでやせた方法の紹介〜

私が「ダイエットしなくちゃ!」と決意したのは、子どもの卒業式の日のある事件がきっかけでした。

子どもの卒業式後、仲良しのママ友たちとも記念に写真を撮影した際です。

スマホの画面に映った画像を見た子どもが「ママ、〇〇ちゃんのママより太ってる」と言ったのです。
その場では「そんなこと言わないで~」と笑ってすませたけれど、自分では内心そのママとそれほど体型が変わらないと思っていました。

ですので非常にショックを受け、しばらくどんよりと落ち込んでいました。

しかし、数週間後には中学の入学式です。

また同じことを言われないように、子供の春休みの期間を利用して、私も中学(の保護者)デビューしよう!と決意しました。

とはいえ、基本的にずぼらな自分にでもできるよう、簡単な運動・食事・入浴ダイエットを始めました!

1.早起き&夕方ウォーキング

私がダイエットでまず始めたのは、筋力をつけて基礎代謝をアップすることです。

普段はあまり運動をしていないので、急にハードな運動をするのは負荷が大きすぎて危険と考えました。

そのため近所の川沿いを子どもと一緒に、往復で4kmほどのウォーキングを食事前にすることにしました。

少しでも効率よくウォーキングできるよう、手首と足首にリストウエイトを巻いて早足でのウォーキングをします。

そして、夕方にも同じ距離を歩きます。
子どもは隣を走ってもらいました。

二人三脚で春休み中は毎朝・毎夕にウォーキングをしました。

2.食事を改善

一気に体重を落としたければ食事を抜いたり置き換えたりするのがてっとり早いです。

しかし、そうすると健康を損なうおそれがあるので今回はなしにしました。

中学で役員をすることもすでに決まっていて、体調を崩してほかの方に迷惑をかけることもできないため、食事は主に量よりも質を変えるようにしました。

といっても、やったことは大したことではありません。

調理方法はなるべく油や砂糖を使わないようにする
食物繊維の多い野菜中心の料理にする

といった、基本的な改善です。

まだ寒い春先だったので、たくさん野菜を摂れる鍋を繰り返し出しても、家族からのブーイングがなかったのも助かりました。

もちろん、おやつもなしです(笑)

甘いものを食べたくなったり、空腹感がつらくておやつに手が伸びそうになった時には、無糖の炭酸水をがぶ飲みしました。

また、普段の飲み物も、それまではコーヒーが多かったのですが、ダイエットを始めてからは美容に良いといわれるルイボスティーに変えました。

それから、寝る前の3時間には食事を摂らないことも徹底しました。

最初のころは寝るときにおなかが空きすぎて眠れないこともあったけれど、慣れてくるとあまり気にならなくなってくるので不思議です。

体が「そういうものだ」と一度慣れてしまうと、それほどきつい制限ではありませんでした。

スポンサーリンク

3.入浴方法を変える

今までは烏の行水でしたが、ぬるま湯に胸下部分まで浸かり、本やテレビを見ながら1時間ほどゆっくりと入るようにしました。

今まで読もうと思って買ってあったけれど、時間がなくて読めなかった本をじっくり読んでいると、1時間なんてあっという間ですよ!

ちょっと読み疲れたら、足首から足の付け根へリンパを流すイメージでマッサージをしたり、おなかの余分なお肉をもみこんだりして時間をつぶしました。

そうやってゆっくりとお風呂に入るようになると、自分の体に対する自分の意識が変わってくるのがわかりました。

「あ、ふくらはぎの筋肉が付いた気がする」
「腰回りのお肉が減った気がする」

など、自分の体の変化に敏感になっていくんです。

ウォーキングや食事などによる体の変化を実感するたび、ダイエットのモチベーションも高く維持することができ、また肌のかさつきやごわつき、たるみなどのケアも入浴後に丁寧に行うようになってきました。

まさに一石二鳥以上の効果を実感できました。

ダイエットを3週間行なった結果は?

体重62.8㎏が58.7㎏まで減少(4.1kg減)しました!
しかも体脂肪も24%まで減ったんです!!

思いのほか、しっかりと成果がでて自分でもビックリしました。

ダイエットで得られた成果は、体重といった数字だけではありません。

ウォーキングで筋肉が付いたことでめぐりが良くなって冷え性も改善され、冬になると必ずできていた足や手、耳のしもやけができにくくなりました。

また、食事内容を変えたことと腹筋が鍛えられたことで、便秘も解消して肌荒れやおなかのポッコリも解消しました。

体型も多少メリハリが出て、あの悪夢の卒業式の日に着ていたスーツもちょっとサイズが合わなくなり、子どもからも「ママ、やせたね」と言われて大満足です。

ダイエットで自信もついた!!

そのような目に見える体の変化もうれしいのですが、なによりうれしいのは、自分の体に興味を再び持てたこと、そして自信を持てたことです。

年を取ると「これくらいならいいよね」と自分に甘くなっていき、いろんなことに対するハードルを下げてしまうことが増えていました。

これまでの自分を見直す、良いきっかけになったダイエットでした。

無理な食事制限やハードな運動は絶対に自分の性格では続かないとわかっていたからこそ、途中であきらめないように家族も巻き込んで取り組んだ無理のないダイエットは大成功です。

春休みが終わり、入学式にも近年になく晴れ晴れとした気持ちで出席できたのも頑張りのおかげと思っています。

今は、体型を維持できるように自宅で軽いトレーニングを続けています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

無理な食事制限やハードな運動は効果が高いでしょうが、続かなければ意味がありません。今回ご紹介した運動・食事・入浴ダイエットであれば、無理なく続けることができます。

しかも、体重といった数字以外の面でもメリットをもたらしてくれます。

ご紹介した内容があなたのダイエットのお役に立てれば幸いです!