抜け毛・薄毛

【体験談】剛毛女性だったのに38歳で頭頂部が薄毛に〜セルフヘッドスパで対策〜

剛毛だったわたしは38歳で、トップのボリュームがなくなってしまいました。

剛毛なのにまさか?!といった感じです。

女性の薄毛、抜け毛に関しては本当に悩みが深刻ですよね。

この記事では私の薄毛の経験談を記載しますので、私と同じように薄毛で悩まれているあなたのご参考になれば幸いです。

美容師さんから耳を疑うひと言が

「トップのところ、当てときますね」

7年前、行きつけの美容院で美容師さんから掛けられた言葉の意味が、当時の私にはよく分かりませんでした。

「えっ?」と聞き返した私に、スタイリストさんは笑顔で再び、「トップのところを緩く巻いて、ボリューム出しときますね」と言われました。

なぜ、わざわざボリュームを出す必要があるのか、とても不思議でした。

それでも、そうした方がパーマスタイルがうまく決まるのかなと思った私は、理由を聞くことはせずに、ただ「はい」とだけ答えました。

剛毛が悩みだった10代~20代

私は生まれた時からすでに、まるでタワシのような剛毛だったそうです。

産院の看護師さんが、あまりに暑そうで可哀想だからと、見かねて散髪をしてくださったという、珍しいエピソードを持つ伝説の赤ちゃんだったらしいです(笑)

私は黒くて真っ直ぐで、太くて量が多くて硬い、そんな自分の髪質が大嫌いでした。

小学生の頃、同じクラスだったの女の子が、柔らかくて薄茶色の髪を三つ編みやポニーテールにしているのが、とてもうらやましかったです。

いくらマネようとしても、私の髪質と毛量では全く似ても似つかないスタイルになるのが、悲しくてたまりませんでした。

大学生になってからは、レイヤーやシャギーを入れたカット、ゆるいパーマを当て、カラーリングをして、少しでも重たい感じをなくせるようなヘアスタイルにしてもらっていました。

美容院では、「いかにしてボリュームを出さないようにするか」ばかり考えて、ヘアスタイルの相談をしていた私が、いくら部分的にとはいえ、まさかボリュームを出しておくと言われるなんて……。

耳を疑い、にわかに信じられなかったのは無理もありません。

38歳の時のことでした。

スポンサーリンク

ストレスと生活の乱れで、肌と頭皮が老化

当時の私は、雑貨店のショップオーナーとして店舗運営に携わる、経営者の端くれでした。

ショッピングセンターにテナント出店していましたが、年々売り上げが伸び悩み、ストレスの多い日々を送っていました。

スタッフの人件費を抑えるために、自ら店頭に立つ時間が増え、帰宅が遅くなる日が多くなりました。

そうなると夕食の時間は22時半頃になる日が増え、夕食後は疲れて食卓でふせて寝てしまうことも珍しくなくなりました。

化粧も落とさずに寝てしまい、お風呂も朝に入ることがほとんどという生活が2年ほど続きました。

30代前半までは、実年齢よりも若く見られることが多かった私ですが、この頃から急に年相応かそれ以上に見られることが増えました。

長年の剛毛ゆえに、抜け毛に鈍感だった

顔だけでなく、頭皮の毛穴の開きも出てきていたようです。

もともと脂性でしたが、さらに脂っぽく感じるようになりました。

おそらく、日々のストレスと生活の乱れが大きな要因となり、36歳頃から分け目が徐々に広がり、頭頂部が薄毛状態に近づいていたのでしょう。

しかし!私自身はそのことに気づいていませんでした。

小さい頃から剛毛が嫌でたまらなかった私は、抜け毛をなげくどころか、軽くなってラッキーぐらいに思っていたのです。

しかも季節の変わり目、特に初秋の頃には抜け毛が多くなるので、あまり気に留めることもありませんでした。

40代半ばとなった今でも、髪の量は全体としては決して少ない方ではありません。

むしろ多い方かもしれません。
それなのに、頭頂部だけは確かにさびしくなっています。

最初にそのことに気づいた時は、本当に衝撃を受けました。

毎日のように鏡を見ていても、正面からはわかりにくく、まさか自分が薄毛だなんて思ってもいなかったのです。

冒頭の美容師さんが、パーマの当て方で上手に頭頂部の薄毛を隠そうとしてくださっていたことにようやく感謝できた瞬間でした。

生活改善、アロマセラピーでのスカルプケアをやってみると?

一度気づいてしまうと、やはり気になるものです。

ローズマリー、カモミール、ティートリー、グレープフルーツ、ゼラニウム等の精油を、化粧水やジェルにブレンドし、頭皮にすり込んでマッサージするようにしました。

セルフヘッドスパのような感じですね。

これらの精油は、皮脂のコントロールをして頭皮を健やかに保ち、育毛効果が期待できます。

スカルプケアだけでなく、ホルモンバランスを整えるのにも効果的な精油なので、プレ更年期の私には一石二鳥です。

頭皮のべたつきは気にならなくなり、抜け毛も減りました。
今のところ、分け目や頭頂部がさらに広がる様子はありません。

早くに気づいて対策をしていれば、もっと効果があったと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私のように剛毛が悩みでも、ある日、何かをきっかけに薄毛の悩みが出るかもしれません。

薄毛は周りが指摘しにくいことなので、気になる場合には思い切って美容師さんに聞いてみるのもいいかもしれません。

あなたの薄毛のご参考に少しでもなれば幸いです!