映画

【ネタバレ】映画「ボヘミアン・ラプソディ」レビュー(Queenのことを知らなくてもOK)

queen

ボヘミアン・ラプソディは伝説のイギリスのロックバンド「Queen」のボーカルフレディ・マーキュリーの伝記映画です。

テレビやラジオで毎日のように宣伝されていて、気になったので映画館に観に行きました!

ボヘミアン・ラプソディのレビューを書きましたので、ご参考になれば幸いです。

ネタバレありなので気をつけて下さい!!

Queenのことを知ってた?

正直、私はQueenについてはそこまで詳しく知りませんでした。
特に世代でもありませんし、曲を聴けば知っている程度です

映画館には、Queen世代であろうと思わる50~60代の方が多くいるように見受けられました。

冒頭

映画の冒頭は、フレディがまだ無名の頃にバンドメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーとの出会った話しから始まります。
フレディは2人と出会ってすぐにその才能を発揮し、あっという間に大ヒットしてしまいます。
私はてっきりQueenが売れるまでの話しだと思っていたので、ここから何があるのだろうと少し心配になりましたが、そんな心配はご無用でした。

順風満帆だと思われたが・・・

Queenはここから大ヒットを飛ばし、有名な曲を数多くリリースします。Queenはデビューからずっと売れ続けたバンドですので、フレディの音楽生活も順風満帆にいくかと思われましたが、ここから、築き上げてきたものが少しずつ崩れていきます。

フレディにはデビュー当時から付き合っているメアリーという恋人がいました。映画の中で、彼はメアリーに自分自身が同性愛者であることを伝えました。
その結果、メアリーとは別れてしまいました。

メアリーに言われた通り、フレディは同性愛者だったのですが、周りに打ち明けず、その後もバンド活動を続けます。
今でこそ同性愛についてカミングアウトする方が多く出てきて、それを許容する世間になってきましたが、この時代はまだそのような考えは世間にあまりなかったのかもしれません。

彼が同性愛者であることを勘づいているメディアに、公のインタビューの場でそのことを匂わせるような質問を浴びせ、フレディは徐々に精神的に追い込まれていきます。

次に出ててきたのは?

そのようなフレディの葛藤が続く中で、次はバンド内での衝突が出てきます。
音楽の方向性の違いに加え、フレディに多額のソロデビューの話しが舞い込んできます。人気者であるがゆえに、そのような話しがくるフレディですが、それに伴い、次第にお金の使い方も荒くなっていきます。

派手なパーティーを連日行うフレディの振る舞いに、愛想を尽かせたメンバーは徐々に離れていきました。

そして、フレディの周りに残ったのは、彼を利用しようとする人たち。非常に心苦しい場面が続きますが、この時に助けに来たのは以前の恋人のメアリーでした。
メアリーの一言でフレディは目を覚まします。

ライブ・エイド

フレディはQueenのメンバーを集めて今までのことを謝罪し、そして伝説のライブ・エイドに出ようという話しをします。
ライブ・エイドは世界15億人に中継されるチャリティーライブで、そこでQueenの復活を見せようということになりました。

ラストはこのライブ・エイドのシーンで、Queenは6曲演奏するのですが、これは過去にQueenが実際に演奏した曲で、この場面の完成度が非常に高いです。

このライブ・エイドの前にフレディのエイズ感染が発覚し、彼はそのことをライブ前にメンバーに打ち明けます。
そのような状況を含めたフレディのこれまでの孤独な闘いと、Queenの歩みを見てきたので、この最後のライブ・エイドのシーンはとても痺れるものがありました。

どんな人にオススメ?

最後の最後まで見応えがあったこの映画は、Queenを青春時代に聴いていた方たちはもちろん、Queenをほとんど知らない若者や学生にも非常におすすめです。
実際にQueenをあまり知らなかった私の友人たちも、この映画を観てQueenが大好きになったと言っています。

今まで何となくQueenの曲を聴いていましたが、この映画を観て、フレディの才能の高さとスター性、そしてQueenというバンドの偉大さを知ることができました。
そして、幸運なのがQueenのメンバーが未だ健在であるということ。

もともとQueenを知らない私からすれば、映画を観て、彼らを偉人のように感じましたので、最近まで活動されていたという事実に衝撃を受けました。

さいごに

この映画は、伝記映画というジャンルになっていますが、私はミュージカルとドキュメンタリーが混じりあったような映画だと思いました。
ストーリーも良いですが、映画の中で流れる音楽も大迫力で楽しむことができますので、ぜひ映画館の大音量で聴くことをおすすめします。