映画

【一部ネタバレ】映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」レビュー

バナナ

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は筋ジストロフィーという難病を患い24時間看護が必要な男性が、自立生活を送る為に自らボランティアを募って、ボランティアと共に自立生活を送り続けたという実話を元に作られたノンフィクションの作品です。

筋ジストロフィーと言う病気は筋肉が衰えて機能しなくなっていく病で、それは手足が動かせなくなっていくのはもちろん、内臓の筋肉も機能しなくなっていきます。
つまり、自発的な呼吸も、心臓を動かすことも出来なくなっていく病気です。

しかし、そんな重い病を発症した主人公の鹿野はびっくりするほど明るい!
驚くほど前向きです。
わがままの極みのような振る舞いも見せます。
そして、よく笑い、よく怒って、よくしゃべる。
そんな主人公に振り回されたり、一緒に笑ったり、反発するボランティアさんたち。
そんな彼らの前向きな生き方・考え方・全力で生きる姿勢を明るくユーモアを交えて笑える・泣ける・考えさせられる・感動するという作品です。

この作品のみどころは全部!と言いたいですが、メインキャスト、見どころをご紹介していきますね!

一部ネタバレを含むますので、ご注意して下さい!!

鹿野靖明としての大泉洋さんの役作り

「こんな夜更けにバナナかよ」に向けて主演の大泉洋さんは、約作りのために体重を10kgも減量しています。
他にも大泉さんは本来、裸眼視力がとても良く2.0もあるそうです。

しかし、本作品の主人公の鹿野さんは近視のため、度のきついメガネをかけた人物でした。

これを知った大泉さんは、裸眼視力を下げる為に撮影中はコンタクトレンズを使用してました。

そのうえで度入りレンズのメガネをかけて撮影しており、メガネ越しの顔の輪郭は屈折しています。
この工夫で、本来の私たちが知る大泉さんとは違った印象を受けます。

その為、自然と主人公の鹿野さんと認識して映画に見入ることが出来ます。
そんな役作りをされている所にも、注目して見てもらいたいです。

安堂美咲さん演じる高畑充希さんの笑顔は世界を救う

かなり大げさな言い方ですよね(笑)
ただ、この映画に関してはこの表現しかないです!

この映画のストーリーは、本当に厳しい現実です。
その中で高畑さん演じる美咲の天真爛漫な笑顔を見ると「自分のことをこんな笑顔で迎えてくれる人がいる」と救われるのですね。
彼女の笑顔の温かさにきっと心が震えます。

田中久演じるのはさわやかな透明感のある三浦春馬さん

さわやかで透明感のある俳優の三浦春馬さん。
この作品では大きな病院の息子で、現役医大生です。
ボランティア活動は医者として患者さんと向き合う勉強の為に行っている、という超エリートでありながら優しいといった最高の男性像の田中久を演じています。
この時点でパーフェクトに見えますが、本人にしか解らない葛藤があります。
劣等感を感じてしまったりするシーンも・・・。

作中の見どころ

鹿野はお稲荷さん(お寿司)を断固断るのです!

映画の中盤に鹿野の母親が登場し、ボランティアさんへの差し入れにお稲荷さんを持ってくるシーンがあります。
昔は大好物だったというお稲荷さんを、鹿野は断固食べません。
それどころか、さっさと帰れと帰らせてしまいます。

この場面になるころには、冒頭で感じていた鹿野の横暴さのようなものが薄れていっていたのになんて酷いやつなだ!と思ってしまいました。
しかし、ここのシーンがこの映画の重要なテーマの伏線です。
この伏線の回収シーンは涙がこぼれますよ!

「こんな夜更けにバナナかよ」は、こんな人にオススメ

「もう今幸せの絶頂!!なにもかも全てがうまく行っている!」

というケース以外の場合にオススメの映画です(笑)

実際にこの映画の中には多数のテーマが存在しており、視点を変えてみれば見ている側としてはどこかのテーマが自分と重なって、見終わる時には心のモヤが少し晴れていると思います。

今まさに介護の現場に関わっている方はもちろん、過去に介護の経験がある方、今までまったく介護に縁が無い方、全ての人にオススメしたいです。
そしてなにより、障害者や介護に必要な方に偏見がある方にはとてもオススメします。

10代や学生さんや失恋の傷がまだ癒えてないのであれば、メインキャストの3人の恋愛観をメインテーマとして見る価値もあります。

もし、「自分には生きている意味が無い」と人生に悲観してしまっているのであれば、是非見てもらいたいです!

悲観とまではいかなくても、なにか空しさやなんとなく面白くない毎日というものを感じているのであれば、この映画を見終わった後に胸の奥のほうでじんわりと何か暖かいものを感じることが出来る変化がきっとあるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

是非、「こんな夜更けにバナナかよ」を見てみて下さいね!
暖かいものを感じられる映画です。

私のレビューがあなたのご参考になれば幸いです。