リゾートバイト

【体験談】淡路島、遊園地(ナガスパ)でのリゾートバイトの仕事内容の紹介

遊園地

私は大学を卒業後、2ヶ所の勤務先で、計1年ほどリゾートバイトをしました。
最初は淡路島にあるホテルでレストランの配膳業務をし、その次に行なった三重県の遊園地(ナガシマスパーランド)では、アトラクションの係員として運行の補助などをしました。

私のリゾートバイトの体験談、これからリゾートバイトをやろうと思っているあなたへアドバイスをご紹介しますね!

リゾートバイトの仕事内容

まずは私がリゾートバイトで、どんな仕事をしていたかご紹介します。

淡路島のホテル

レストランの配膳係として、料理を配ったり、ドリンクの注文を受けたりしました。
バイキングの時は基本的に食器を片付けるだけですが、コース料理の場合はタイミングを見て空いたお皿を下げ、次の料理を持っていくので大変でした。

しかし、最初は水を注ぐだけの係から、少しずついろいろな仕事を教えてもらえたので、戸惑うことはありませんでした。

他にはその日のお客さんに合わせて、机やいすを並べ直す作業があるのですが、机がとても重たくて、この作業が1番大変でした。
また、就労時間が朝食と夕食の時間帯に働く「中抜きシフト」で、生活リズムが崩れてしまうのが辛かったです。

三重県の遊園地(ナガシマスパーランド)での仕事内容

遊園地、レストラン、売店、夏はプールと、いろんな場所で働くことになりました。

働く場所が変わるとなると大変そうに思えますが、どこの仕事もすぐに覚えられる内容で、日によって気分を変えて働くことができて楽しかったです。

中でもやっぱりアトラクションでの仕事が印象的です。

お客さんの誘導や簡単な安全確認をしたりするのですが、ジェットコースターで出発するお客さんに手を振ったり、子供たちとハイタッチをしたりと交流があって、一緒に楽しみながらの仕事でした。
しかし、単純な作業の繰り返しが多かったので、長時間になると少しキツイこともありました。

リゾートバイトの仕事以外のこと

リゾートバイトといえば住み込みでの生活で、仕事以外の環境も気になると思います。

私の体験では少し不便なこともありましたが、仲間たちと助け合って一緒に生活したことは、いい経験になったと思います。

ホテルの客室や、寮での生活だったのですが、どちらの場所も最寄りのコンビニまで徒歩だと30分以上かかるような、周りに何もない場所だったため、休みの日にしか買い出しに行けず不便でした。

ただそのような環境だったため、物を貸し借りしたり、車に乗せてもらったりして、職場の方たちと仲良くなるきっかけにもなりました。

そして、リゾートバイトの醍醐味だと思うのですが、そうやって仲良くなった仲間たちと一緒にその土地を観光したことは、最高の思い出になりました。

淡路島では、渦潮を見に行ったり、四国の方にも観光へ行きました!

ナガシマスパーランドでは、仕事仲間が運行しているアトラクションに乗せてもらい、新鮮な体験をしました!

リゾートバイトのよかったこと、とまどったこと

リゾートバイトをしてよかったことは、なんといっても友達がたくさんできたことです。

それも全国各地いろんな場所の人が集まるので、ご当地の話で盛り上がったり、新しい場所を訪れるきっかけにもなりました。

他には、普通のアルバイトでは経験できないような仕事が経験でき、生活費がほとんどかからないため貯金ができたことなどがあります。

しかし最初はやっぱり、友達のいない新しい環境に飛び込むことは不安も多くありました。職場には反りの合わない人もいますし、繁忙期の忙しさや長時間の仕事など苦しいこともたくさんありました。

しかしそういう苦しさも含めてリゾートバイトは、自分の人生においてプラスの経験になったと思います。

リゾートバイトを考えているあなたへ

リゾートバイトを考えているあなたに、経験者から少しアドバイスをさせてもらいます。

まず、何といっても職場選びが重要です。
希望の地域があると思いますが、担当の方とよく相談して、仕事内容などをしっかり聞いて決めるべきだと思います。

そして選ぶ基準として、同じようにリゾートバイトで働いている人の多い職場の方が、働きやすいと思います。

また、生活環境も重要です。
寮の設備や周辺のお店などリサーチして、不安な場合は生活必需品をしっかり準備して行きましょう!

さいごに

いかがだったでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これからリゾートバイトに挑戦されるあなたに素晴らしい出会いと経験があることを願っています!