映画

【レビュー】映画「マスカレードホテル」〜登場人物を中心に〜

ホテル

映画「マスカレードホテル」概要は?

映画「マスカレードホテル」は木村拓哉さん主演で長澤まさみさん・勝地涼さんなどといった、豪華俳優陣が多数出演している事でも有名となっています。

この映画で大事な見どころは超一流ホテルで
起こるさまざまな難事件です。
最初に3件の殺人事件があった事からストーリーが始まります。

この3件の殺人事件から現場に残された不可解な
数字が羅列してあったことから、予告連続殺人と
して捜査が開始されました。

だが、この犯人の手かがりは一切不明です。

主要な登場人物

ここで重要な登場人物が木村拓哉さん演じる警視庁捜査一課 新田浩介です。
新田浩介は、不可解な
数字からホテル・コルテシア東京が4番目の犯行現場だと突き止めます。

そして新田の教育係として任命されたのは、長澤まさみさん演じる山岸尚美です。

この2人で次々と素性の知らない宿泊客を前に犯人逮捕を第一優先として戦う新田と、お客様を第一優先として戦う尚美は利用客の仮面を守ろうとする水と油状態・・・。

マスカレードとは仮面という意味ですが、それを巡って尚美と新田が潜入捜査をする中でお互いの立場の違いから幾度となく衝突する、新田と尚美が次第にプロとしての価値観を見出すようになっていきます。

そしてお互いが理解をし合いいつの間にか信頼関係が不思議と芽生えていくが、事件は急展開を迎えることになります。

この映画は、人気作家 東野圭吾さんが書かれた累計300万部突破作品のマスカレードです。
その中のマスカレードホテルが、発売から7年の歳月を経て実写映画化が決まりました。

今回、さまざまな役をこなしてきた木村拓哉さんが主演を努め、木村拓哉にとっては初の刑事役に挑戦しています。

一方の山岸尚美を演じるのは、長澤まさみさんで一流ホテルマンを演じています。

他にもこの映画にかかせないホテルマンや刑事などそうそうたるキャストが豊かな宿泊客
として登場します。

新田と尚美の性格真反対組が、ホテルという非日常の特殊な空間で巻き起こる屈指の難事件に挑みます。

次々と現れる怪しげな宿泊客
ホテルに潜入する刑事たち
宿泊客を迎えるホテルマンたち
誰が宿泊客で誰が犯人なのか

究極の騙し合いに、あなたもきっと騙されるでしょう。

脇役もスゴイ

先ほどから何度も出てる刑事やホテルマン・宿泊客は木村拓哉さんや長澤まさみさんの他に
刑事役として渡部篤郎さん、小日向文世さん、篠井英介さん、梶原善さん、泉澤祐希さんが、ホテルマンには石川恋さん、鶴見辰吾さん、東根作寿英さん、石橋凌さんといったベテラン俳優陣が軒を連ねています。

そして宿泊客には生瀬勝久さん、菜々緒さん、濱田岳さん、高嶋政宏さん、橋本マナミさん、 笹野高史さん、前田敦子さん、田口浩正さん、宇梶剛士さん、松たか子さんといったこちらもおなじみのメンバーが軒を連ねています。

この映画には夫婦になる前の、前田敦子さん勝地涼さん夫妻が居ますのでこの2人の演技にも注目して観てほしいですね!

今回、映画「マスカレードホテル」を撮るにあたって、担当したのは以前、木村拓哉さんとHEROでタッグを組んだ鈴木雅之監督です。

鈴木監督は、「ミステリーとしての面白さはさることながら、マスカレードホテルというタイトルがすごくよくてそのタイトルを象徴するような作品を撮りたいと思いました。ホテルを訪れる人はみんなお客様という仮面を被っていて、得体の知れない。そんな得体の知れない人たちだらけの空間というのはそれだけでもわくわくします」と語っています。

映画「マスカレードホテル」の見どころは?

映画「マスカレードホテル」は華やかなホテルが魅力である事=大人が楽しめる映画の1つであることが、醍醐味ではないかなと思います。

木村拓哉さんがこの役を演じるにあたって「刑事なので完全にホテルマンになってはいけない。ホテルマンを演じながら刑事役をこなす」という大変さに直面しています。

長澤まさみもコンフィデンスマンの映画化が決まり、弾けた演技が魅力的だがマスカレード
ホテルでは、そんなコメディエンヌとは対極の超真面目な一流フロントクラークを演じています。

ぜひあなたも劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

このレビューがあなたのご参考になれば幸いです。