映画

【一部ネタバレ】映画「こんな夜更けにバナナかよ」〜大泉洋の表現力が光る〜

バナナ

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、12歳の時に全身の筋肉が衰えていく進行性筋ジストロフィーを発症し、20歳まで生きられるかどうかと言われながらも、42歳まで生きた鹿野靖明さんの半生をつづった実話となってます。

渡辺一史著「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を元に映画化された作品です。

主演は大泉洋さんです。共演者に高畑充希さん、三浦春馬さん、佐藤浩市さん、原田美枝子さん、竜雷太さんなどの魅力的なキャストが集結しています。

一部ネタバレなので、ご注意して下さいね!

「こんな夜更けにバナナかよ」のあらすじ

34歳になる筋ジストロフィーを患う鹿野靖明(大泉洋)が動かせるのは、首と手だけです。
24時間365日誰かの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って札幌市内の住宅で、自ら集めた大勢のボランティアと自立生活を送っています。

わがままで、ずうずうしくて、おしゃべりで、惚れっぽくて、口も悪い。
自由過ぎる男・鹿野に、様々な事情を抱えたボランティアが関わっていきます。

真面目な医大生・田中(三浦春馬さん)と、その恋人で新人ボランティアとして鹿野のサポートをすることになる美咲(高畑充希さん)の心情を中心にストーリーは進みます。

自分を良く見せるために嘘をついたり、思っていることを人に悟られないように繕ったりしていた2人が、24時間体制で人に見られ、全てをさらけ出さないと生きていけない鹿野と接することで、自分の心に正直に生きる事の大切さに気付いていきます。

一日一日を大切に生きるために命がけでわがままを言う鹿野。
まっすぐに生きる鹿野と出会い、振り回されながらも変わっていく人々。

夢を見ること、実現させるために努力すること、生きることに貪欲な鹿野を相手に、周囲の人々は、自らの気持ちをぶつけ合うことで成長していきます。

筋ジストロフィーという重苦しくなりそうな題材を、大泉が持ち前のコメディセンスで見せ、笑えてほろっとする素敵な映画になっています。笑いながら泣き、泣きながら笑う。
まさに「笑いと涙の感動実話」です。

「こんな夜更けにバナナかよ」での大泉洋さんの表現力

この映画を支える大きな要素の1つに、主演の大泉洋さんの表現力があります。

映画の序盤では、高畑さん演じる美咲の意見に賛同する人が多いのではないかと思うほど「嫌なやつ」に感じる鹿野を、見事にどこか憎めない、愛すべき人物に仕上げました。

撮影はモデルの鹿野さんと大泉さんの共通の故郷、北海道で行われ、クランクイン直前、鹿野さんが実際に住んでいた部屋が偶然空き、そこで撮影が出来ることになりました。
よりリアルな条件が揃い、大泉さんはそれに負けない役作りに励みます。

少しでも鹿野さんに見た目を近づけるため、最大10キロの減量をし、視力を落とすコンタクトレンズを装着し度の強い眼鏡をかけて、撮影に臨みました。
撮影現場を訪れた鹿野さんの友人が「鹿野がいる」と大泉さんを見て驚いたそうです。

さらに外見だけではなく、実際に筋ジストロフィーを患う方々に会って話を聞いたり、主治医や看護師から当時の鹿野さんの様子を聞いたりと、実話ならではのアプローチで徹底した役作りを敢行しました。

もともと演技派の俳優ですが、表情と手の動きだけで鹿野さんの人柄や思いを観客に伝えた本作での演技は必見です。

生演奏に合わせて車椅子でくるくる回りながら踊る時の楽しそうな笑顔や、治療により声が出せなくなったが自力で発声法を身につけ、美咲にご褒美を貰った時の驚きと喜びが混ざった顔、そしてプロポーズを断られた時の悲しげな目の動きなど、細やかな大泉さんの表情にもご注目ください!

スポンサーリンク

触れにくいテーマにも触れている

また、本作では触れる事が難しい障害者の排泄など絡む事柄にも触れています。
急にお腹が痛くなった鹿野がトイレに向かうが間に合わなかったシーンなどを上手く笑いに転化して描写しています。

それらに触れることで、障害者への理解を深めており、スクリーンの鹿野の表情や言動からも、特別扱いをしなくてはならないと考えること自体が偏見なのだというメッセージが感じ取れます。

人は障害があってもなくても1人では生きていけない。
助けてほしい時は誰かに甘えて生きていけばいいのだと、人との接し方について改めて考えさせられました。
将来に不安を感じている人、不満が溜まっている人、迷っている人など、見終わった後に生きることを頑張ろうと思わせてくれる、行動を起こす勇気を与えてくれる作品でした。

さいごに

いかがだったでしょうか?

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、見どころ満載の映画となっています。
ぜひご覧になってみて下さいね!

このレビューがあなたのご参考になれば幸いです。