映画

【一部ネタバレ】映画マスカレードホテル レビュー〜東野作品の中でもオススメ〜

ホテル

映画「マスカレードホテル」の舞台は、一流ホテルです。
次の殺人予告がこのホテルで起こると予想されたため、警察が潜入捜査をすることになりました。

木村拓哉さん演じる新田刑事がホテルマンとして潜入しています。
そのホテル側の指導役が長澤まさみさん演じる山岸です。

映画「マスカレードホテル」をレビューしていきたいと思います。

一部ネタバレなので、注意して下さいね!

映画「マスカレードホテル」の見どころは?

この刑事とホテルマンという、縁遠く正反対の2人のコンビのやりとりが見どころです。

2人の会話からそれぞれが見せる表情まで、最初から最後まで目が離せませんでした。
この映画の1番の見どころだと思いました。

自由奔放で人を疑うのが仕事の新田刑事、一方、ホテルマンとしてお客様の要望には必ず応えようとする山岸、この2人がホテルに来る人達の中に犯人がいるかもしれないと犯人逮捕に協力するが、お客様に対しての思いが違う2人がどう事件を解決に導くのかを是非楽しんでもらえたらと思います。

もう1つの見どころは、このホテルに来るたくさんのお客様が作りあげる物語だと思います。

この映画は、ホテルで起ころうとする殺人事件を未然に解決しようと刑事とホテルマンが協力するストーリーではありますが、そんな単純なストーリーではありませんでした。

2人が衝突しながら事件を解決しようとする中で、ホテルにはさまざまなお客様が来られます。

小さなお子さんから杖を突いたお年寄り、またその全員が健康であるとも限りません。
もしかしたら、何か病気をもっているかもしれません。

そして、常連の人、はじめての人、休暇で泊まる人、密会で泊まる人、思い出の場所だからと泊まる人など泊まる理由は本当にさまざまだと思います。

そんなさまざまな人がお客様としてホテル来るなかでも、たくさんのドラマがありました。
また、主演を含め豪華キャストでみどころ満載の映画でした。
1人1人のお客様がこのホテルに泊まる理由が分かった時、普段考えたことがないホテルの物語を知ることができました。

きっとこの映画を見終わった頃には、ホテルに泊まってみたくなるはずです。

事前に小説「マスカレードホテル」を読んでいても楽しめる

私はこの映画の原作の著者である東野圭吾さんの大ファンで、このドラマの本は映画が公開される前に読んでいました。

いつも本を読んでから映画を見るのが大好きで、本とあらすじなどを比べながら見ることが多いです。

この映画は主演を含め豪華キャストであり、最初から最後まで本では感じられなかったホテルマンとしての仕事の思いやお客様の思いがスクリーンを通して肌で感じることができました。

原作を読んでいないのでは、犯人は誰なのか、全員が怪しく見えてくる中で自分なり犯人を予想してほしいと思います。

きっと最後の最後で犯人が分かったときには、騙されていないことを願います。
笑いあり、ハラハラ、ドキドキさせてくれる内容でした。

スポンサーリンク

どういう人に映画「マスカレードホテル」はオススメ?

この映画は年齢、性別関係なく、オススメしたいと思います。

東野圭吾さんのサスペンス系で映画化された作品は、話が難しい映画も多くあります。
私の祖母は他の作品を一緒に見に行っても話が難しくて、よくわからなかったということが多いです。

しかし、この「マスカレードホテル」は殺人の刑事物語ではありますが、そこまで話は複雑ではないと思いました。

そのため、幅広い年代でもわかりやすいと思います。

また、さまざまな豪華キャストが出ていますので、好きな俳優さん、女優さんを目当てで見て頂いても十分楽しめる映画だと思います。
一方、俳優、女優に興味がない人でも東野圭吾さんのファンの方や本を読んでみて、実際映画になったらどんな感じなのかといった見方もアリです。

東野圭吾さんの映画化された中では、とてもオススメの作品だと思っています。
ホテルを舞台にさまざまな物語が繰り広げられています。
その中で犯人逮捕に衝突する新田刑事と山岸ホテルマン、その他多くの刑事と多くのホテルマンが繰り広げる世界は、まだ誰もみたことがない世界ではないでしょうか。

さまざまな物語を背景にドラマがあり、犯人を逮捕できる瞬間、きっと感動もあると思います。

さいごに

いかがだったでしょうか?

ぜひ映画「マスカレードホテル」を見てみて下さいね!
このレビューがあなたのご参考になれば幸いです。