ダイエット

【実体験】ダイエット失敗例と成功例の紹介〜成功するコツとは?〜

野菜

私のダイエットの失敗例と成功例、成功のコツをご紹介していきたいと思います。

成功例はもちろん、失敗例もダイエットに頑張っているあなたのお役にたてるのではないでしょうか。

ご一読頂けますと幸いです!

失敗談:アイスだけ!?初めてのダイエット

大学生の頃は若い世代にありがちな、無理なダイエットを行ないました。

きっかけは、その時仲良くしていた男の子がとても細く、身長差はあるのに自分と体重差がないのが気になっていたからです。

やはり好きな男の子と体重が変わらないというのは、ショックなものです。

また、私は小さな頃から姿勢が悪く、他は標準体型であるものの下腹だけが出てしまう事に特に悩んでいました。

「体重もお腹もこのままでは恥ずかしくて付き合えない、、」そんな思いからダイエットを始めたのです。

当時は学業にアルバイトに遊びにと忙しく、また運動が得意ではないため、体を動かすダイエット方法は選択肢にありませんでした。

そこで行ったのが、「アイスダイエット」です。

夏場だったこともあり、シャーベット系の低カロリーなアイスのみで毎日を過ごすという、かなり無理のある方法です。

さすがに夜だけは、自宅で母の作る夕飯を少量食べていましたが、日中は基本的にアイスと飲み物だけで過ごしていました。

元々アイスが好物なので苦にはならず、当然体重はみるみる落ちていき、下腹も平らになりました。

着用できる服のバリエーションも増え、彼氏もでき、自分に自信が持てるようになりました。

しかし、毎日怠くてやる気が出ず、体力もなく、今思えばいつもふらふらしていたように思います。
顔色もあまり良くはなく、決して健康的とは言えない状態でした。

その後落ちた体重に満足し、きちんとした食事をとるようになってからは徐々に体重は戻っていきました。
無理なダイエットによるリバウンドです。

元の体重よりも増えることはなかったですが、「その場しのぎの無理なダイエットは意味がないな」と悟りました。

成功例:とにかく鍋、とにかく歩く!2回目のダイエット

再度、ダイエットを決意したのは20代半ばのことです。
結婚式を半年後に控えていました。

きっかけは、ウェディングドレス選びでした。

「これが着たい!」と選んでフィッティングしたものが、どれも似合わないのです。

鏡に映ったドレス姿の自分は、理想からは程遠く、ガッカリしたのを覚えています。

ウェディングドレスには体型があわらになるものが多く、やはりスリムで締まった美しい体型によく合います。
「着たいドレスがあるのに似合わない」という現実を目の当たりにした私は、ドレス選びの帰り道にダイエットを決意することとなりました。

過去の失敗から学んだ今回のダイエット方法は2つです。

「鍋」ダイエットと「歩く」ダイエットです。

鍋ダイエット

鍋ダイエットは、夕食をとにかく鍋にするというものです。

白菜やキノコ類など野菜類と豆腐を大量に用意し、ひたすら鍋にして食べます。
食べる量は制限しません。

野菜は生の状態では食べにくいですが、鍋にするといくらでも美味しく食べることができ、摂取カロリーは低いまま満腹感を得られます。

また、麺類やご飯など〆の炭水化物を禁止する代わりに、豚肉やつくね、ソーセージなどの肉類はいくらでも食べていいというルールにしました。

食べることを楽しみながら、カロリーや糖質を抑えられるよう、ストイックすぎるやり方は控える事にしました。

鍋はつくるのが簡単で、味のバリエーションが多く栄養もあり、万能です。
主人にも負担をかけることなく、共に楽しくダイエットをすることができました。

歩くダイエット

今回のダイエットにおけるもう1つの手段は、とにかく歩くことです。

当時私は仕事を辞めていて、日中に十分な時間があったこともあり、10キロ範囲内なら歩いて目的地まで移動していました。

その頃は秋〜初冬の時期だったので外の気候が良く、時間にも追われず、周囲の景色を見ながら歩くのは、気持ちの面にもいい影響があったと思います。

なるべく早歩きで、でも無理をせずに、好きな音楽を聴きながら歩いていました。

目的地ではご褒美を兼ねてカフェで休憩し、余裕があれば歩いて帰り、疲れてしまったら電車で帰るという、ストイックとは程遠い妥協案を盛り込んだルールでした。

しかし、それが無理せずに長く続けられた理由だと思います。

鍋ダイエットと歩くダイエットの結果は?

「鍋」と「歩く」この2つのダイエット法のおかげで、結婚式前には5キロ以上体重が落ち、着たかったドレスも納得いく姿で着ることができました。

鍋ダイエットに付き合っていた主人も同じくらい体重が減っていて、きつめだったタキシードがばっちり似合うようになりました。
結果、良い結婚式を行うことができました!

その後現在も、なるべく歩くことは続けています。
また、少し太ったかなという時には夕食の鍋率を増やして調整します。
だしを活かし、スープの味付けを薄めにすることで、肥満や病気の防止にも繋がりますよ!

ダイエットのコツ:無理せず楽しめるダイエットを

2度のダイエットを経てわかったのが、ダイエットを成功させる上で重要なのは、「ストイックすぎずに妥協ルールを作ること」「楽しめるやり方で行うこと」だということです。

無理をしてしまうと身体に良くないのは勿論、メンタル面の健康をも損なってしまいます。また、継続にも繋がらないでしょう。

自分に優しい方法を探ることが、マッチするダイエットを見つけるコツだと思います。

私のダイエット成功例と失敗例がダイエットに頑張っているあなたのお役に立てれば幸いです!