リゾートバイト

【体験談】富山の立山ホテルでリゾートバイト!報酬、生活環境、仕事内容の紹介

立山

私が大学生の時に体験した、初めてのリゾートバイトについてリアルな体験談を述べたいと思います!

リゾートバイトってどんな感じなの?
実際の仕事内容とは?
どんな風に生活するの?

そんな疑問を持っているあなたの参考になれば幸いです。
これからリゾートバイトを始めるあなたにとって、何か少しでもアドバイス出来ればと思います!

報酬&仕事内容

まず気になる報酬ですが、契約社員の私で1200円でした。
留学費用を稼ぐために、バイトを探していた私にとっては大変高額な良いお仕事でした。

仕事内容は、主に配膳です。

ホテルなので、朝はバイキング、昼はお客様からオーダーを受けた料理をお持ちし、夜はコースディナーの担当をします。
前菜から副菜、主菜、デザートというようにお持ちする料理の順番が決まっていました。

夜は宿泊客のお客様専用のディナーコースなので、一組につきスタッフが一人ついて接待しなければならず最初はとても緊張しました。

前菜からデザートまで一つ一つお持ちするのですが、その料理名を一つ一つ正確に覚えなければならず、富山ならではの食材や料理の特徴についても聞かれることがあり、とまどいました。
しかし、一週間もすれば仕事にも慣れていきました。

失敗したこと

ただ、美しい大自然の中にある立山ホテルということもあり、お食事の途中で夜景を見にいきたいと申し出るお客様がたまにいらっしゃいます。

私は、その方の途中のお食事を食べ終わっていないのに下げてしまい、オーナーにこっぴどく怒られた経験があります・・・。

これは、リゾートバイトに限らず接客のマナーとして、またスタッフとしてお客様に何をすべきかを考えさせられる体験となりました。

どんなお客様が来られるのか?よく頼まれる要望なども事前に確認しておくと、私のようなミスはせずに済むと思います。

リゾートバイトも色々なホテルがあるので、そのホテルにいらっしゃるお客様のニーズを考えて接客するようにすれば大丈夫です。

生活環境&勤務時間

リゾートバイトの生活環境についてですが、私が泊まっていたお部屋は二段ベッドが2つある4人部屋でした。

カーテンと電灯がついているベッドでしたので、基本的には個人の時間はベッドの上で過ごす感じでした。

あとは、シャワーやお風呂は自由に使えましたので好きな時間に入っていました。
そして食事は、朝昼晩全てまかないつきです。
従業員専用の食堂があり、そこで好きなものを好きなだけとって食べるバイキング形式でした。

勤務時間は、朝晩と遅番があり朝晩だと7時から9時半、遅番は11時から14時というようになっています。
14時から17時までの大体3時間は中抜けの時間があり、17時から21時までの中で毎日7~8時間勤務でした。

泊まり込みの仕事なので、朝が早くても夜が遅くてもすぐに部屋に戻って休めるというのがリゾートバイトの特徴かなと思います。

一緒の部屋になった方とは、家族のように一緒に生活をしていくので短い期間でもすぐに仲良くなれる仕事だなと思いました。

ただ、プライベートの時間を大切にしたい方は、休憩時間に散歩したりカフェでのんびりしたり、休日に街へ降りていって買い物をしたりと自由に過ごせるのでおすすめです。

私は、富山の大自然の美しさに感動し、デジタルカメラを自費で購入してしまいました(笑)

それくらい富山の景色は、素晴らしく美しくて感動でしたよ!

この感動を味わうためにスタッフとして働いている方も多く、登山が趣味でリゾートバイトの仕事をしているという方が多かったです。

さいごに:リゾートバイトはおすすめ

いかがだったでしょうか?

リゾートバイトでいきなり泊まり込みで仕事をするのに抵抗があるのであれば、是非ご友人と一緒に参加されてみてください。

私は一人で飛び込んでいきましたが、皆さんとっても親切な方ばかりですぐに仲良くなりました。

自宅から通うバイト生活ではなく、何か違う体験をしてみたい、富山の美しい大自然を眺めながら仕事をしてみたい、友人と一緒に働いてみたいのであればリゾートバイトをおすすめします!

最初は、慣れない仕事で大変かもしれませんが、必ず体験してよかったと思える素晴らしい体験になると思いますよ。

機会があれば、是非検討してみてはいかがでしょうか?