マイホーム

【体験談】マイホーム購入資金と控除の注意点〜必要なのは住宅購入費用だけではない〜

ファミリータウンへと開発が進む、東京の都心に近い地域にマイホームを構えて、約2年になります。

私がマイホームを購入した時には、両親や兄弟は関西に住んでいて近くにおらず、住宅購入の話を聞ける友人もいなかった為、夫と2人で全くの手探り状態からのスタートでした。

中でも不明点が多く不安だったのが、資金に関することです。
想像するよりも遥かに多くの項目にお金が必要となったのです。

これからマイホームを検討されるあなたに私の体験談がご参考になれば幸いです!

必要なのは住宅購入費用だけではなかった!

マイホームを買うには、数千万円の費用が必要になります。

私はその額を元として、購入前から頭金の計画やローンの計画を目安で立て、家の購入予算を決めていました。

しかし、実際にマイホームを購入するとなって、その見込みは大荒れになりました。
マイホーム購入には、住宅と土地以外に、本当に様々な費用が必要となるのです。

それは住宅購入本に書いていた項目以上に多く、資金の面でひやひやすることとなりました。

主な諸費用は?

銀行に支払う保証費用が約80万円、火災地震保険料が約35万円、登記費用約50万円、各照明費用約15万円、ブラインド(カーテン)約20万円、エアコン代35万円、家具購入費約80万円などなど。

他にも証明書手数料、印紙代、テレビアンテナ、各手数料、各施工料など、細々とした出費がたくさんあります。

家のオプションにかかるお金も要注意

住宅販売価格は、あくまでベースの価格です。

それにプラスして、フローリングのコーティングや太陽光発電装置、浴室のランクアップなど、様々なオプションが存在します。

私も、契約後にはハウスメーカーから様々な提案を受けました。

しかし、それぞれプラス何十万円もかかるもので、特別必要だとも感じず、我が家にはオプションを付けませんでした。

フローリングのコーティングはしておくべきだった

コーティングなしのフローリングはかなり傷がつきやすく、家具の移動や物の落下で、綺麗だった床にすぐ傷がついてしまったのです。

大金を費やして購入したマイホームに傷をつけてしまうのは、精神的にも辛いものがありました。

その後、犬と暮らすようになったこともあり、フローリングはどんどん傷だらけに。面積のあるリビングダイニングにフローリングを引き直すとなると、30万円近くはかかります。

はじめからフローリングコーティングだけはお願いしておけば良かったと、後悔が残ります。

このように諸費用はかなり多くかかりました。住宅販売価格だけを見ていては、後から資金計画が滞ることになるかもしれないので、かなり余裕を持って計画を立てることをお勧めします。

住宅ローン控除を利用

マイホーム購入にあたって知ったのが、様々な税控除の制度があることです。

中でも、住宅ローン控除については多くの人が該当するものです。
勿論、私達も控除の対象となりました。

この控除を受けるためには、住宅ローン1年目に確定申告が必要となります。
確定申告を忘れないようにとは、ホームメーカーの方にも銀行の方にも口酸っぱく言われていました。

私の場合は、この確定申告に少し手を焼くこととなります。

様々な書類を揃えに市役所や法務局を回り、契約書を見ながら細かな項目を書類に記載していくのですが、見本はあるものの理解ができていない為、なかなかスムーズにはいかず、提出は確定申告〆切日のぎりぎりとなってしまったのでした。

その後、役所側手続きは早く、翌月までに還付金が口座に返金されていました。
約40万円ほどであったかと思います。

金額は購入時期や所得税額にもよりますが、マイホーム購入後には確定申告を必ず行うことを忘れずにして下さいね!

資金と制度の知識を得ておくべき

マイホーム購入にあたって最も重要なのは、やはり資金のやりくりだと思います。

「あとは何にお金がかかるのだろう」とハラハラしながら手続きを進めるのは、不安が大きくなるものです。

実際に私自身も、もう少し細かな計画を立てておけば良かったと思いました。
頭金、諸費用を鑑みて、余裕のある計画を立てることをお勧めします。

また、損をしないように控除制度についても勉強しておくといいですよ!
一冊専門書を持っておくのもおすすめです!!

いかがだったでしょうか。
私の体験談が少しでもあなたのお役に立てればうれしいです。