ダイエット

【体験談】健康的なダイエットで5kg減〜キツイことはせず、継続することが大事〜

ダイエット前は身長155cmで体重51kgと、いたって標準の部類に入る体型でした。

しかし当時周りにいた友達は平均よりもやせている子ばかりで、どうしても自分が太って見えてしまうのが悩みでした。

そんな私の当時ハマっていたことは、海外ブランド「Victoria’s secret」のファッションショーやそれに出演するモデルたちを見ることでした。

Victoria’s secretのモデルたちはガリガリのやせ型ではなく、鍛え上げた美しくしなやかな筋肉と引き締まったそのシルエットを武器に活躍していました。

それを見た私は、過激なダイエットではなく、美しく健康的にやせようとダイエットを決心しました。

結論から言うと、食事の量はほとんど変えず、運動や生活習慣の改善によって5kg体重を落としました。
(あまりにハイカロリーなものは、取らないように気をつけてはいましたが…)

私がしたダイエットの方法を具体的に紹介していきたいと思います。

スポーツセンターの利用

当時、私は日常的に筋トレやランニングをする習慣はありませんでした。

そこで市営のスポーツセンターに通い、トレーニング室を利用していました。
私の家の近所にあったスポーツセンターは、1回3時間利用で300円とうれしいお値段でした。

会員制のスポーツジムに登録するのも良いですが、おサイフにはちょっときついものもありますもんね(^_^;)

ジムでは具体的に何をしていたかというと、

ウォーミングアップにエアロバイクを20分漕ぐ

20分間腹筋やお尻の筋肉に効く筋トレ

20〜30分間のランニング

ストレッチ

というのがルーティーンでした。
(肩や腕がムキムキなのも…と思い、その辺りはあまり鍛えていませんでした)

引き締めるには、筋トレばかりではなく有酸素運動も必要不可欠ですね!

とにかく夜更かしをしない

日本は成人の平均睡眠時間が世界的にも少ない国ですが、私はとにかく早寝を心がけていました。

22時半に寝て、6時に起きるといった生活を毎日、休日でもしていました。
十分に睡眠を確保することで、1日を効率よく過ごせると思います。

しかも早起きをすることで、自然と毎日3食口にすることになります。

よく生活習慣が乱れて起きる時間が遅くなってしまい、1日2食や夜食をとる生活を送ってしまっていることも多いと思います。

早起きをすることで食習慣も正され、“健康的に”やせたかった私にはそれが大きな利点となっていました。

スポンサーリンク

自宅でのスキマ時間を利用〜ストレッチ

「ストレッチ」をするのは、すごい面倒臭いわけじゃないけどなんか忘れてしまう、ということが多いのではないでしょうか。

お風呂上がりのストレッチは翌日のむくみ改善にもつながり、そうすると体重が減っているわけでなくても“やせて見える”体が作れます。

お風呂上がりのストレッチを忘れないために、私は妹に協力してもらってました。

ある程度体が柔らかければ良いですが、体が硬いのであれば誰かに手伝ってもらう必要もあると思います。
私は妹に毎晩、体を押してもらっていました。

今では180度の開脚もできるようになりました。
とあるデータでは体が柔らかい人の方が硬い人に比べて血の巡りが良く、平均寿命が長い傾向にあるというデータも出ているそうです。

美しい体づくりにもつながり、長生きもできる、一石二鳥ですね(^ ^)

さいごに

いかがだったでしょうか?

すごい特別なことはしていませんが、健康的にダイエットができたと思います。
ダイエットは「継続」が命だと思います。

筋トレや運動も、すごいキツイものをする必要はないと思います。
(あまりきついことをしすぎるとすぐに筋肉痛になって続かなくなってしまうと思うので…)
短期間で-10kg痩せようなんて無謀なことは考えず、計画的に無理のないダイエットを行うことが大切だと思います(^ ^)

私のダイエット体験談が、ダイエットに頑張っているあなたのご参考になれば幸いです!