留学

【体験談】留学する際に注意した方がいいこと!実際に起きたトラブルと対策の紹介

海外に行くと、人と目が合うと微笑んだり、スーパーや電車、バスの中などでも知らない人と談話が始まることがとても多く、日本との違いに驚くことが多いと思います。

人との触れ合いに心が癒される反面、女性であれば注意しなければならないこともあります。 

私が留学している時に実際に起きたトラブルをご紹介して、対策、留学を考えているあなたへアドバイスをお届けしたいと思います!

留学中に実際に起きたトラブルは?

留学当初、英語力に自信はありませんでしたが、気軽に話しかけてくれるカナダ人のフレンドリーなところがとても気に入っていました。 

留学を始めて3ヶ月ほどした時、それまでのホームステイ先から出て1人暮らしをはじめました。

学校ではビジネスコースを取っていましたので、平日は放課後いつものカフェで授業の復習、日曜は図書館とカフェをはしごして、テストの準備と復習をするという生活を送っていました。 

同じ生活を送っているうちに、カフェや図書館で顔なじみの人ができてきました。 

1つ目のトラブル

平日に行くカフェで話しかけてきたのは、初老の男性です。

私のテキストを見ながら「自分のわかる分野だから教えてあげる」などと言ってきました。
私はやんわりと断りましたが、しばらく話をした後携帯の番号を聞かれたのですが、その時携帯が机の上に置いてあったので、断る方法も思い浮かばずについ教えてしまいました。

すると、その夜から鬼のように電話が鳴り続け、取らないでいるとテキストが何通も送られてきました。
もう、本当に怖かったです。 

その後1週間ほど連絡は続き、ぱったりと途絶えました。
ホッとしましたが、もちろんそれ以降そのカフェにはいけなくなりました。 

2つ目のトラブル

又、別のカフェでは隣接しているスポーツジムのトレーナーをしている男性と会話をする機会がありましたが、何度か偶然そのカフェで会って話しているうちに「君と家族になりたい」などと言われ、それ以来そのカフェにも行けなくなりました。 

幸いにも私がいた都市はトロントだったので、あっちがダメならこっち、とカフェを替えることはできましたが、この2人以外にも何人かから誘われることがあり、当時の私は心底疲れてしまいました。

借りている部屋で勉強がしにくい環境だったので、外でするしかなかったのですが「変な人から声かけられたらどうしよう」等と余計な気を揉むことも増え疲れてしまいました。 

トラブルの対策は?

上記のトラブルを友達に相談したところ、「連絡先を教えたのが悪い!話しかけられても毅然とした態度で臨まないといけない!彼氏がいると嘘でも言うべき!」と言われました。

それ以降は連絡先を聞かれても「それは言えない」と言うようにしました。
勇気は要りましたが。 

又、カフェで話しかけられることがあっても、「ごめん、今宿題が大変だから(それどころじゃない!)」と答えるようにしました。
すると、以前のようなシツコい人の被害に遭うことがなくなったのです。 

そこで、私は自分自身の態度にも問題があったんだな、と思うようになりました。
そして、それからは快適に暮らせるようになったのです。 

スポンサーリンク

留学を考えているあなたへ

英語力を伸ばしたい人であれば、現地に住むネイティブの人と少しでも会話のチャンスを掴みたいと思うのは分かります。 

けれど、目的のために手段を選ばないのは、海外では身の破滅になりかねません。 

誘われた時に「No」と言いにくい気持ちはよく分かりますが、日本人をターゲットにして声を掛けてくる人はたくさんいます。 

私は結果的に一度も危険な目には遭いませんでしたが、クラスメイトの中にはクラブで出逢った人と付き合うようになり、悪い誘惑に誘われ、学校に来なくなってしまった女性もいました。
一度、街で偶然会った時は声がかすれて、ゲッソリとやせてボロボロになってしまっていて、本当にショックを受けました。 

結婚したケースも!

これまで怖いケースをご紹介してきましたが、いい話もありますよ!

別の友人はカフェで声を掛けてきたカナダ人とお付き合いし、2年ほどの交際を経て結婚をしました。
毎朝利用しているバス停で声を掛けてきた人と結婚した友人もいます。 

このようなことを考えると、声を掛けてくる人全てが危ないとは言えませんし、軽く話す間柄であれば英会話のブラッシュアップにも繋がります。
私の友人のように結果的に幸せな出会いになることもあります。 

けれど、声を掛けられて和かに会話ができたからといって、すぐに相手の部屋に行ったり車に乗ったりすることは危険です。 

「大丈夫かな、この人」と少しでも思うようであれば、距離を置くようにした方が良いです。
心配であれば、友人や異性の知り合いと一緒に会ってみるようにして下さい。 

必要以上に警戒する必要はありませんが、自分身は自分で守るということを忘れずに留学生活を送っていただきたいです。

私の体験談が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。