留学

【体験談】気軽に留学できる韓国(ソウル)での韓国語留学

ますます国際化が進む日本社会で、若者を中心に外国語を勉強するために海外留学をする人の数が増えてきています。

留学に興味はあるけど、具体的にどんな感じなのか分からないから不安がある。

そんなケースも多いのではないでしょうか?

今回は私が韓国語を勉強するために、韓国のソウルに留学した時の体験談をご紹介します。ご一読頂ければ、海外留学のイメージが湧くと思いますよ!

 

留学しようと思ったきっかけ

私は26歳の時に6か月間、韓国の首都ソウルに留学をしていました。

日本の大学では英語を勉強していましたが、当時流行っていた韓流ドラマやアーティストの影響を受けて、どっぷり韓国にはまってしまいました。

大学卒業後は地方の製造業に就職をしました。

しかしどうしても韓国語を勉強したい、そして韓国に住んでみたい気持ちが強く、思い切って仕事を退職して留学を決意しました。

 

留学先を探す3つの方法

一般的に留学先を探す方法は3つあります。

海外の各々の大学や語学学校へ直接申し込みをする方法

直接申し込みをするので、留学エージェントを通してのマージンを支払う必要がなく、結果的に安く留学をすることができる場合が多いです。

日本の留学エージェントを通じて申し込みをする方法

マージンがかかるので割高になりますが、個々人の希望や状況に合った留学先を紹介してくれます。また入学手続きや、希望すれば住む場所の手配なども行ってくれます。

大学生なら、在籍している大学が斡旋している海外の大学や語学学校へ申し込む方法

 

上記3つの方法がありますが、私は専門家に相談しながら留学先を決めたかったこと、また留学先で生活する場のサポートが欲しかったことから、エージェントを通じて申し込みをしました。

 

韓国の学校生活と授業

私が留学したのはソウルにある、大学付属の語学学校です。

韓国では大学付属の語学学校か、民間の語学学校へ留学するのが一般的です。

日本にいた時に簡単な韓国語文法と単語は勉強していたので、5段階の内の下から2番目のクラスに割り当てられました。

授業は大体10名から15名位の学生と一緒で、英語で行われます。

午前中4時間の授業を受けた後は、クラスメイトと一緒にソウル市内でお茶をしたり、勉強をしたりして過ごしました。

だいたい3か月後位から、日常生活を送る上では不自由なく韓国語を話せるようになりました。

住まいは、外国人専用の寮でした。
3人部屋だったので、プライバシーがなくて初めの頃は特にストレスが溜まりました。

集団生活に慣れていない方は、割高になりますが単身用アパートなどの利用をおすすめします。

 

おおまかな授業料と生活費

授業料は留学先にもよりますが、私の場合は半年で30万円位でした。

寮費は1か月2万円で、光熱費とインターネット代が含まれています。
食費はなるべく自炊をするようにして、1か月に3万円位でした。

その他に交通費や交際費で、1か月に3万円位かかりました。

アパートで1人暮らしをするのか下宿をするのか、外食を頻繁にするのか等によって必要となる生活費は当然変わってきます。

韓国の場合は物価が日本と比べて安いので、あまりレベルを落とさなくても普通の生活は出来ると思います。

 

韓国留学のメリット

私が感じた韓国留学のメリットは以下の通りです。

1つ目:日本から近いこと

東京から飛行機で2時間程なので、日本に帰国したい時に気軽に帰国ができます。

今はLCCもたくさん就航しているので、航空券も安いです。

2つ目:日本と生活環境が似ていること

日本と全く違った文化や環境で生活をしたい人には不向きですが、韓国は日本と街並みやサービス、考え方などが似ているので、あまりストレスなく留学生活を送ることが出来ます。

3つ目:韓国語が習得しやすい言葉であること

日本語と文法が良く似ているので私のように6か月の留学でも、日常会話は問題ない位まで習得することが可能です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

私の韓国の留学体験をご紹介しました。
もし韓国語に興味があるなら、気軽に留学が出来る韓国で勉強してみてはいかがでしょうか。

韓国語習得以外にも、新しい発見がたくさんあると思いますよ!