引っ越し

【体験談】引っ越し費用を少しでも安くする4つのコツ〜業者、フリマアプリ〜

これから引っ越しを考えている・引っ越しの予定があるあなた、引っ越し費用ってどのくらいかかるかご存知でしょうか?

引っ越しするには、

何から始めたらいいの?
引っ越し費用を少しでも安くするには?
どの引っ越し業者を利用したらいいの?

今回は、あなたの疑問にお応えしたいと思います。

私自身、義父との同居がきっかけで2LDのマンションから4DKのマンションに引っ越しをしました。

その際にかかった費用や、安く済ませるためにやったことをご紹介したいと思います。

 

『見積もり』を立ててもらおう!

まずは、一体いくらかかるのか?

引っ越し業者さんに依頼して『見積もり』を立ててもらいましょう。

冷蔵庫や洗濯機、電子レンジといった家電からテーブルや椅子、洋服ダンスといった家具まですべて運ぶといくらかかるのか?

運ぶ距離によっても変わってきますが、大事なのは家具家電の量です。

「引っ越しするので見積もりをお願いしたい」といえば、無料で自宅まで来てくれます。

インターネットなどで検索すれば、家具家電の数を入力すれだけで見積もりも出るのですが、実際に業者に見てもらった金額と異なる場合があります。

なので、できるだけ自宅に来てもらい、実際の数を記入して出してもらいましょう。

この時、重要なのが1つの引っ越し業者さんではなく、3つ程依頼することです。

私の経験では、一番安い引っ越し業者さんと高い業者さんでは10万円くらい金額の差がありました。

個人でやっている引っ越し業者さんはとても高いので、なるべく大手の引っ越し業者を選ぶとよいです。

 

近場なら引っ越し業者に頼むものは厳選しよう!

引っ越し先が、同じ市内・県内なら引っ越し業者さんに頼むものはなるべく大きいものだけに厳選し、自分の車で運ぶというのも引っ越し費用を安く済ませるコツです。

例えば、洋服や小型の家電なら車に積んでも壊れにくく、個人でも十分運べるからです。

引っ越し業者さんに依頼してしまうと、人件費がかかるのでその分、費用も高くつきます。

近場の引っ越しを考えている方は、なるべく自分で運ぶようにするとかなり安く済ませることができます。

ただし、荷物を詰めて運んでの繰り返しになるので時間がない、お手伝いをお願いできないのであれば向いていないかもしれません。

 

スポンサーリンク

引っ越しが決まったらフリマアプリを駆使しよう!

引っ越しの費用を少しでも抑える工夫として、不要になったものを少しでもお金に変えて処分する費用を節約するという方法もあります。

例えば、まだ使えるけど引っ越し先では使えない棚や家具家電は、処分するとなると行政に何百円か払って処分しなければなりません。

物を捨てるのにお金がかかるなんて嫌ですよね。

引っ越しする日程が決まったら、前もってメルカルなどのフリマアプリを利用して出品してみましょう。

自分は要らないと思った意外なものが、高く売れるということもあります。

ただし売れるまでに時間がかかることもあるので、引っ越しが決まったらなるべく早く売りに出すようにしましょう。

これだけで不要なものを少しでもお金に変え、無駄な出費を省くことができます。

 

お得な引っ越しの時期とタイミング!

引っ越しするなら、お得な時期とタイミングがあります。

4月から新学期が始まるので、3月に引っ越しをする方が多く引っ越し業者は一番忙しい時期になります。

この時期は予約もとりにくく、料金も一番値上がりする時期なので、なるべく費用を抑えたい方は3月は避けるようにしましょう。

また土日祝日はお休みの方も多いので、平日に比べると料金が高いです。

有給など平日に休みをとれるのであれば、なるべく平日の混んでいない時間帯に引っ越しするようにしましょう。

これだけで数万円は安くなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まずは、いくつか見積もりを出してもらい料金を比較すること、不要なものはなるべく早く売りに出すこと、引っ越しをする時期を考えるだけでグンと安く済ませることができます。

是非、引っ越しをされる際に参考にしてみてください!

わたしの引っ越しノウハウが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。