映画

【一部ネタバレ】映画「七つの会議」レビュー〜サラリーマンにオススメ〜

公開前の予告から有名個性派俳優のインパクトが強く、さらに公開初週に興行成績一位をたたき出したと聞き、期待値をかなり高めにしてさっそく映画館で鑑賞してきました。

結果、あくまで個人的にですが、期待値をはるかに上回る素晴らしい作品だったと思います。

予告の段階で原作も気になっていましたが、あえて原作は未読のままでの鑑賞でした。

ですのでストーリーも会社を舞台にしているということしか知らず、続きに何が起こるのかもまったくわからず、最初から最後まで常にドキドキされられました。

テンポも非常によく、夜から昼を早送りで撮影する手法(マスカレードホテルでもありましたね)をうまく利用して、いろいろ明らかになっていく時間の進みを鑑賞者に分かりやすくしていたのも高ポイントです。

 

映画「七つの会議」:あらすじ

さて、肝心の内容ですが、この作品はグータラ社員の八角を演じる野村萬斎さんと昔ながらの暑苦しい部長の北川を演じる香川照之の、いわゆるW主演かと思っていましたが、実際は全然誰が主役などという安っぽいものではありませんでした。

あえていうなら、全員それぞれの役をこなした群像劇といったところでしょうか。

物語はどちらかというと、上司にいじめられる役の二課長原島(及川光博さん)の語りで進んでいきます。

アシスト役として紅一点、寿退社を控えたいち営業の浜島(朝倉あきさん)も会社ものとして固くなりがちな話の潤滑油になっています。

前半は謎ばかりで、グータラで会議でも寝てばかりいる八角がいろいろ問題を起こしていくのに、なぜか絡んだ社員の方がどんどん降格されたり地方へ飛ばされたり、憂き目にあわされていくのが不思議でなりませんでした。

八角はほんとの悪で何か上の組織とつながりが!?などとも勘ぐったのですが、それは語り部役の原島も同じで、疑問に思ったことを浜島とともに調べ始めます。

ただの営業内部の派閥争いの話から、調べていく中での会社同士の癒着の疑い、そこから次第にもっと会社にとって大きな何かが隠されていると解き明かされていくのは、鑑賞者として大変ワクワクしました。

いったい裏で何が進められているのか、なぜエリートだった営業一課長や八角に関わった人たちがいなくなっていくのか、巨大会社の闇の部分をこの作品は痛切に、そしてリアルに表現しています。

そして物語は徐々に隠された真実へと向かっていきますが、一番のネタバレとなる部分はふせさせていただくとして、日本を揺るがしかねないほどの大きな不祥事が発覚します。

それを知ってしまった原島と浜島の動揺、さらには一見飄々として悪役なのではと思われていた八角の過去も明らかになり、事態は急展開を迎えていきます。

 

映画「七つの会議」の見どころは?

この作品の一番すごいところは、最後のメインイベント“御前会議(会社の一番のトップがやってくる!)”瞬間まで、誰が黒幕か読めなかったところだと思います。

少なくとも自分は、あの人だろうか、いやあの人も怪しいなどと、考えが二転三転してしまいました。

しかも実際には誰が黒幕というよりもむしろ、日本の悪しき習慣である右に倣えの精神と隠ぺい体質が招いた悲劇であり、まるでマトリョーシカのように入り子式に事件が繋がっていました。

これはもう実際に映画を観て感心していただくほかありません。

随所にちりばめられた伏線もお見事でした。

無人ドーナツ販売の展開が真相の解明に一役買ったり、怒りとともにぶちまけたあれが、勝敗を決するなどとは想像だにしていませんでした。

作品のテーマがはっきりしているせいか、最初から最後まで目を離すことなく観れる映画だと思います。

 

批判的な意見もあるが・・・

朝ドラのように有名俳優を使い過ぎて大味になってないか、という批判的な意見もあるそうですが、自分はまったくそうは思いませんでした。

それぞれのキャラが良い感じに雰囲気を作ってくれたおかげで、この作品は成り立っていると思います。

個人的には経理部新田役の藤森さんが、嫌味ったらしい社員をうまく演じていて、とても良かったと思います。

エンドロールの際に、八角の独白が入るのですが、その中で「隠ぺいは絶対になくならない」と言い切るところが辛かったです。

実際今まさに、いろんなところで偽装やらが発覚し(国のトップが数値不正してる国ですし)、何を信じていいのか分からなくなりますよね。
この作品はそこに一石を投じていると感じました。

一点だけ疑問なのが、タイトルがどうして「七つの会議」なのでしょうか?
おそらく原作ではそれに関わることが細かく書かれているのでしょうが、映画だとどうしてもはしょる部分も出てきて、ちょっとわかりにくくなっていたと思います。

それとも自分の理解不足でしょうか^^;

 

総括

この作品は現代の偽装工作や隠ぺい体質にメスを入れる素晴らしいものであり、またもし会社員の方であれば、もし実際にこういうことが起きたら自分ならどうするのか非常に悩ませられるものでもあります。

もし世間に公表すれば会社が潰れ、何百人という人が路頭に迷うとしたら、しり込みする気持ちもわかります。
(八角と北川の考え方、どちらが正しいのか。それは個人によって受け取り方が違うでしょう。正解はないと思います)

 

さいごに

以上、映画『七つの会議』を鑑賞してのレビューでした。

万人にオススメできますが、特にサラリーマンとして働いている方は一度鑑賞する価値があると思います。
ぜひ映画館へ足を運んでみて下さいね!