脱毛

【体験談】ヒゲの医療レーザー脱毛を受けようと考えているあなたへ

ヒゲ剃り

「医療レーザー脱毛」を受けようかお考えのあなたの参考になればと思い、私の体験談を紹介します。

少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!

 

なぜ医療レーザー脱毛を受けた?

私が施術を受けた部位は顔全体で、いわゆるヒゲの脱毛となります。

私はヒゲが柔らかく、シェーバーで綺麗に剃ることが難しい上、肌も弱いためカミソリ負けを起こしやすく、日々のヒゲ剃りは色々な面で大きなストレスとなっていました。

ヒゲ剃りにかかる手間や苦痛から解放されるためというのが、医療レーザー脱毛を受けた理由です。

 

医療レーザー脱毛のネックは?

医療レーザー脱毛を受けるにあたっては、担当者とのカウンセリングや肌質のチェック、そして同意書の提出などが必要であったり、思い立ったその日に施術を受けられるものではありません。

また、費用に関しても決して安い物ではなく、施術箇所にもよりますが数万円から十万円単位かかります。
よく「初回はワンコイン!」といった広告を目にしますが、脱毛は一回で効果が出るものではなく、毎月もしくは数カ月おきに施術を受ける必要があります。

そのため、通常は回数が決まっているコースでの契約になるかと思います。
したがって、結局はそれなりの費用がかかります。

 

スポンサーリンク

医療レーザー脱毛は痛いの?

それでも医療レーザー脱毛を受ける!というあなたが次に気になるのはおそらく、施術に伴う痛みでしょう。

私個人の感想ということをご理解の上で読んでいただけると幸いです。

私が施術を受けた顔について、「痛い」というのが素直な感想です。

もちろん顔の中でも、部位によって痛みの度合いは様々です。
頬のあたりは、まったく痛みを感じないレベルでした。

逆に痛みを強く感じた箇所は、鼻の下です。
ここは毛抜きで抜いた時も、強い痛みを感じるため想像がつきやすいかと思います。
人によっては痛みに耐えられず、中断になるケースもあると聞きました。

また、あごの下も人によっては、強い痛みを感じるそうです。
特にあごのヒゲが濃く太い人ほど、レーザーによる反応が強く出るため焼けるような熱さと痛みを感じます。

痛みはそれ程でもない一方、怖さを感じる箇所は目の周りです。

施術にあたりレーザー光から目を守るためゴーグルを着用するのですが、目の付近にレーザーを照射された時は瞼を閉じていても「顔の内側に閃光が走る」感覚があります。

これは普段であれば経験することのないものなので、、慣れるまでは体がビクッとしてしまいました。

加えて、人によっては施術が終わった後、数時間から数日間顔に赤みや腫れが残ることも。

またレーザーに反応したヒゲはふやけたような状態になり、自然に抜け落ちるまで普段より目立つこともあるため、マスクが手放せなくなることもあります。

 

医療レーザー脱毛の効果は?

これまで医療レーザー脱毛の「怖い」部分をお伝えしてきましたが、この後はその効果について紹介します。

これだけ怖い思いをし、お金も払っているのだから効果が出ないと割に合いません(笑)

先に結論として、私は数回にわたる医療レーザー脱毛を受け、予想以上の効果が出ました!

確実にヒゲは薄くなりましたし、そもそもまったく生えてこない部分も出てきました。

これまで毎日のように朝晩と剃っていたヒゲが、脱毛終了後は週に1回のシェービングで済むようになりました。

もちろん、もっと長い期間継続して施術を受ければ、完全に近い形で発毛を止めることもできるかもしれません。

私の場合、毎日ヒゲ剃りにかける時間や肌荒れによるストレスが無くなったことは、とても感動的でした!

 

さいごに:ヒゲがコンプレックスなた受けるべき

医療レーザー脱毛を受けるべきか否かについて、私個人の考えを紹介します。

これまで説明した通り、医療レーザー脱毛にはお金と時間がかかります。
また、痛みもあります。

しかし前述の通り、そのひと時の苦しみの後、キレイな肌や日々の手間からの解放を手にすることができます!

このメリットデメリットを天秤にかけた時、メリットが大きいと感じるのであれば是非受けるべきだと思います。

例えば私のように肌が弱い人、またはヒゲ剃りあとに青ヒゲが目立つことがコンプレックスだという人は受けるべきでしょう。

逆に「毎日のヒゲ剃りが面倒くさい」くらいですと、あまりメリットは感じられないかもしれません。

私の体験談があなたのご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!