引っ越し

【体験談】引っ越し費用0円!?引越しはジモティーを活用しよう

はじめに:私の引っ越しの概要

私が引っ越しをした際に行なった、引っ越し費用の抑え方をご紹介します。

大学進学を機に1人暮らしを始め、卒業のタイミングで再度引っ越しを行いました。
私は東京・大阪間の引っ越しでした。

引っ越し費用の相場が全く分からなかった私は、とりあえずネットで ”引っ越し費用 相場” で検索してみました。

すると荷物が少ない独身の私でも、最低5万円は掛かることがわかりました。
学生の私には非常に高額な出費でした。

『卒業旅行や他の事にお金が必要で引っ越しにそんなにお金を払えない』と思い、引越し業者を介さず、自力で引っ越しをすることに決めました。

結果として、私は実質0円(むしろプラス)で引っ越しをすることができました。

これから具体的な方法についてご紹介していきますね!

 

引っ越しの流れ

引っ越しの流れとしては、

断捨離→不要なモノの撤去→必要なモノを移動

この流れで行うのが1番効率良く引っ越しができます。

引っ越しをする上で1番重要なことは、移動させる荷物を最小限にすることです。

当たり前かも知れませんがこれが1番重要です!

断捨離において大事なことは、『必要なものモノよりも不要なモノを処分できる』と言うことです。

必要か不要かの基準は、

もしお店に同じモノが売っていたらまた買うか

これだけです!
これだけですが、この基準を守れれば効率良く断捨離できます。

勢いで買ったしまった洋服や雑貨。
もったいないと思いながらも、2度は買わないので必要ではないと判断し処分しました。

何が必要かと考えてしまうと、あれもこれも必要だという気持ちになってしまい、意外とモノが減りません。

自分には不要なモノを取り除いていけば、自然と本当に必要なモノだけ残りますので、少しでも迷ったら不要だと判断しましょう。

1年以上使っていないモノは、きっとこの先も使わない可能性が高いので、この際に処分しましょう。

 

不要なモノはメルカリやジモティーを有効活用しよう

不要なモノはそのまま捨てるのはもったいないです。

不要なモノをメルカリやジモティーに出品し、そこからお金を生み出すことで私は引っ越し費用を賄いました。

メルカリでは主に衣服や小物、ジモティーでは家具や電化製品をそれぞれ出品していました。

以下がメルカリとジモティーの出品リストです。

メルカリ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

衣服

本(参考書、小説)

ジモティー

地元の掲示板「ジモティー」
地元の掲示板「ジモティー」
開発元:JIMOTY, INC.
無料
posted withアプリーチ

ベット
マットレス
衣装ラック
衣装ケース
ヘアドライヤー
ヘアアイロン
炊飯器
テレビ
本棚

メルカリは10%の手数料と送料が引かれてしまう為、送料がなるべく安く済む衣服を出品することをオススメします。

衣服やかさ張らないモノであれば、クリックポストやレターパックを活用することによって送料を抑えることができます。

ジモティーは自分で取引場所や日時を決められて、手数料もかからないので大きな利益が見込めます。

私の利益はメルカリよりも、ジモティーの方が圧倒的に大きかったです。

注意点として、家具や電化製品は処分に費用と時間がかかるので、引っ越し日が決まったら早めにジモティーに出品することをオススメします。

大型家電処分の注意点

洗濯機などの大型家電を処分するには、役所に依頼する必要があります。

また引き取りまでに、数日かかるので注意してください。
私は洗濯機を役所に処分してもらい、費用は5000円でした。

ジモティーでほとんど売れる

私はほとんどの家具と家電を、ジモティーで売ることができました。

最初はベットなんか買い取る人が見つかるのかと思っていましたが、数日以内に買い取り手が見つかりました。
その他の家電や家具も、2週間で引き渡すことができました。

最終的に、引き取り手が見つからなかった衣服は処分しました。

メルカリ、ジモティーの収益は?

上記のモノを売りトータルで2万円も利益が出ました。

内訳としてはメルカリ5000円、ジモティー15000円程でした。

私はブランド品を持っている訳でもないですし、家具や家電も格安のものなのでした。
ブランド品や家具や家電の質によってはより利益が得られるかと思います。

 

必要な荷物はヤマトで

最後に必要な荷物をダンボールに詰めました。

そこまでするかと思われるかも知れませんが、衣服は圧縮袋を使い最小限の大きさにしました。

また、靴の中に靴下や小物を詰めて、完全に空白の無い状況まで荷造りを行いました。

配送業者はヤマト運輸を使用しました。
なぜヤマト運輸かと言うと、Tポイントが貯まるからです。

Tポイントを貯めてるのであればオススメです。
ヤマト運輸の輸送費は1万円程でした。

 

最後に:最終的な収支は5000円の利益

いかがだったでしょうか?

最終的な収支としては、マイナスどころか5000円の利益が出ました!

ただメルカリやジモティーで出品するために写真を撮ったり、買取希望者とのメッセージのやりとり、商品の包装、発送など、費用は抑えられましたが、引越し当日までの2週間はメルカリとジモティーに1日の多くの時間を費やしました。

費用は抑えられますし、利益も出ると思います。
手間暇は掛かりますが、私のように引越し費用を抑えたいというのであれば、上記の方法でチャレンジしてみてくださいね!

ご紹介した内容が少しでもあなたのご参考になればうれしいです。