映画

【ネタバレ】映画「マスカレードホテル」レビュー〜原作との違いも踏まえて〜

ホテル ロビー

東野圭吾さん原作の映画「マスカレードホテル」のレビューです。

原作との違いのところでネタバレが出てきますので、ご注意して下さいね!

 

映画「マスカレードホテル」あらすじ

舞台は超高級ホテルです。

連続殺人事件の次の犯行がホテルであるということが被害現場の暗号解読によって明らかになったため、主演である木村拓哉さん演じる新田をはじめとする刑事がホテルで潜入捜査を行うという話となります。

ホテルでは新田は、フロントとして潜入捜査を担当することになりました。
そんな新田の教育係となったのが、ホテルマンの長澤まさみさん演じる山岸です。

相手を疑うことが正義の検事である新田と、相手を信じることが正義のホテルマンである山岸がぶつかり合いながら、共に事件の解決に迫っていく物語です。

登場人物がたくさんいるので、視聴者側としては誰が犯人なのか最後まで分からない展開です。

 

映画「マスカレードホテル」と原作との違い

私は原作の本を既に読んでいたので、あらかじめ犯人や物語の流れが分かっていたのですが、それでも手に汗握る展開が多く、原作を既に読んでいても楽しめる作品だと感じました。

もちろん原作は読んでなくて、いきなり映画を見に行っても大丈夫ですよ!

映画化すると原作と違う、といった意見が多く見られますが、この作品に関しては割と原作に忠実で個人的には良かったです。

少し原作と違うな、と感じた点をいくつか挙げると、下記の通りです。

* 新田が犯人が隠れたのを発見できた原因

* 最後犯人が山岸を殺害しようとした場面で、新田が一度部屋を確認した後二人がいることに気づいた理由として原作ではベッドの乱れなどをあげていましたが、映画ではそのような描写はなく、「ホテルのマークが付いた重りのずれ」で気づいたかのような描写でした。

* 登場人物のイメージ

* 原作では新田は若手の刑事という設定でしたが、木村拓哉さんが演じたことで原作のイメージと異なるといった意見がツイッターなどでよく見られました。

とはいえ、個人的には原作にとても忠実で、木村拓哉さんもとても華があり大満足でした。

 

スポンサーリンク

映画「マスカレードホテル」の見どころ

見どころはなんといっても、登場人物の豪華さです。

刑事役には木村拓哉さん、渡部篤郎さん、小日向文世さんなど有名な方が演じています。

一方でホテルマン役としては、長澤まさみさん、石川恋さんなどがいます。

さらに宿泊客も豪華で、生瀬勝久さん、菜々緒さん、前田敦子さん、勝地涼さん、松たか子さんなど豪華な顔ぶれでした。

刑事、ホテルマン、宿泊客どの人が犯人でもおかしくないほどの個性あるキャクターでした。

映画の公式HPにも「全員を疑え。犯人はこの中にいる」というフレーズがあり、まさにそのとおりだなと思いました。

また、前田敦子さんと勝地涼さんが夫婦で出演しているのも興味深かったです。

その他にも私は気づかなかったのですが、エンドロールで友情出演として明石家さんまさんの名前がありました。

どこで出演していたかまったく分からなかったので、まだ見ていない方はさんまさんがどこに出ているのかというところにも、注目してみてみると面白いかと思います。

 

映画「マスカレードホテル」は音楽が素敵

別の見どころとして、音楽がとても素敵でした。

サウンドトラックは「るろうに剣心」、「龍馬伝」、「STAND BY ME ドラえもん」など数多くの大ヒット作を手がけた佐藤直紀さんだそうです。

音楽は映画の要と言っても、過言ではありません。

佐藤さんは映画だけではなく、CMやアニメの音楽など多岐にわたって活躍されている有名な作曲家です。

音楽を聞くだけで、映画の世界に引き込まれるようなそんな存在感がありました。
ぜひ劇場で体感してほしいと思います。

仮面舞踏会のようなどこか不思議な感じのする、ミステリアスな楽曲で聞いていて心地がよいです。

 

さいごに

東野圭吾の人気シリーズである、マスカレード作品の第一作にあたるマスカレード・ホテル。

木村拓哉さんと長澤まさみさんが最初はあまり噛み合っていないのですが、次第に信頼関係を気づいていくというところが印象的です。

また、豪華なキャストも魅力的です。

原作のファンや、キャストの中に好きな俳優さんがいる、明石家さんまさんを見つけてみたいなどなど。

とてもおすすめの映画ですよ\(^o^)/