留学

【体験談】海外の大学に留学するメリット・困ること〜留学後にも困る?!〜

最近、スマホの語学アプリやオンライン語学レッスンなど外国語が学びやすくなった現在、留学を検討しているケースも多いのではないでしょうか。

私は高校を卒業した後、アメリカの大学へ留学した経験があります。

私が留学をしてみて感じたメリットや困ったことを紹介し、今長期留学をしようかどうか迷っているあなたにアドバイスを贈りたいと思います。

 

留学するメリット

留学で得られるメリットとして私が思うのは、日本にはない教育環境があるということです。

生徒と先生の関係

もちろん国によっても大学によっても違うと思いますが、一般的に生徒と教師の関係が日本より近いです。

私の場合、先生のほとんどが生徒を呼ぶときに、下の名前で呼んでいました。
「あっ先生、自分の名前を覚えてくれたんだあ」と親しみを感じました。

全く名前で呼んでくれない先生よりかは、呼んでくれる先生のほうが安心しますよね!

質問しやすい環境

さらに海外の大学の授業では、生徒にとって質問しやすい環境が整っています。

理由はクラスが少人数制のところが多いのと、日本のようにいい意味で空気を読むということをしないからです。

日本だと「他の人が話しているときに途中で話を止めてはいけない」とか、「周りの意見に合わせないといけない」という暗黙の了解みたいなものがありますよね。

しかし、アメリカでは一人一人の違う意見が尊重されるので、空気を読む必要はないです。

むしろ、質問するということは授業に積極的に参加していると見なされるので、これは勉強する上で大きなモチベーションになるのではないでしょうか。

 

留学してた時に困ったこと

留学の際には、言葉や文化の壁で悩むこともたくさんあります。

私を一番悩ませたのは、やはり言葉の壁です。
言葉の壁については本当に苦労しました。

日本で留学する前にあれだけ英語の勉強をして、大学が必要としているTOEFLのスコアもパスしたのにもかかわらず、言葉の壁が自分の前に立ち塞がりました。
初めて行った大学の授業のことは、今でも忘れられません。

哲学の授業だったのですが、教室に行くと留学生は私一人で、あとは皆アメリカ人でした。

先生が何か冗談を言ったのですが、他の学生はみんな笑っているのに、自分は全く意味が分からなくて笑えません。

自分だけ周りから取り残されたような感じがして、すごく悔しかったです。
友達の輪に入るのも難しかったです。

みんなスラングをよく使うので、何を言っているのか分からず、部屋で独り泣いたのを今でも覚えています。
今思えば、その悔しさがあったからこそ、勉強を頑張れたのかなとも思います。

 

スポンサーリンク

留学後にも困ること

留学して困ることは、なにも留学中だけではありません。

留学に行く前と日本に帰国した後とで、良い意味でも悪い意味でも日本の見え方も自分のアイデンティティーも大きく変わります。

留学先で全く違う環境で暮らし、違う言葉を話し、違う価値観の人たちと一緒に過ごす中で、現地の社会に適応していきます。

それと同時に日本人ではない、新しい自分も形成されていきます。

私の場合、留学先から日本に帰ってきて、全てが違って見えました。

バスに乗ると、大きな電子掲示板に次の停車駅の案内があってすごく便利だなと思ったり、コンビニに行くと、毎日のように新商品が売り場に並んでいるのに驚いたりしました。

でも日本の良さに気がつくだけならいいのですけど、そうじゃない部分も気になるようになります。

例えば、スーパーでもデパートでもそうですが、大して待ったわけではないのに、「お待たせいたしました」と言われると、「そんなに待っていないから大丈夫ですよ」と逆にこっちが気を遣ってしまったり・・・

日本の会社に就職したときに、ほとんどの社員が残業で遅くまで会社で仕事しているというのが理解できなかったりしました。

自分が生まれ育った国にいるのに、まるで自分が外国人になったかのような感じがして、本当にショックでした。

そんなときに留学先で出会った日本人の友達に連絡を取ってみると、みんな同じようなことで悩んでいることを知って、お互いに励まし合って何とか乗り越えることができましたよ!

 

これから留学しようと思っているあなたへのアドバイス

外国の大学生活に差し支えないほどの語学力を本当に持っているのか、または持つ見込みがあるのか、これだけをもう一度自分に問いてほしいです。

もし十分な語学力がない状態で入学した場合、本当に辛い留学生活になってしまいます。

語学力はその人のたくさんある能力の一つでしかないのですが、それがないだけで自分の人格までも否定しかねませんし、学べるはずだったことが大幅に少なくなってしまいます。

もし語学面において不安があるようでしたら、急ぐ必要はありません。

時間がかかってもいいので、焦らず留学の準備をしてください。
大丈夫です。諦めなければ外国語は必ず上達します。

留学にはメリットもデメリットもありますが、デメリットをメリットに変えるのも全て自分次第です。

狭い日本に閉じこもってないで世界に勝負してみませんか。
あなたの人生が変わりますよ!