留学

【体験談】イギリスへの留学〜大学のプログラムより一人で留学する方がオススメ〜

ロンドン

私は大学3年の夏にイギリスのロンドン近郊に短期留学しました。

なぜイギリスを選んだかというと、ハリーポッターや007といった映画が好きだったため、他の国よりも身近に感じられたこと、実際に行ってみて映画で見た国の空気を感じたかったからです。

最初は初めての留学だったこともあり、大学が企画するプログラムに参加しようと思っていました。

しかし人数が多く参加できるかわからなったことや、ゼミの先生から「大学のプログラムで留学すると結局は日本語ばかり話すことになるからオススメしない。」という助言もあったため、不安でしたが仲介業者を通して一人で行くことにしました。

私のイギリスでの留学体験談をお伝えしていきますので、留学を考えているあなたのご参考になれば幸いです!

 

滞在先はホームステイ

実際にそこで生活している人と一緒に生活をすることで、よりその国の文化を理解できると思ったからです。

ホストファミリーはジャマイカ出身の年配の女性で夜遅くの到着だったのですが、夜食を作って待っていてくれました。

夜食はピザ(冷凍)と大豆(?)のトマト煮でした。

彼女が言うには、イギリスでは休日以外は食事に手間を掛けることは滅多になく、冷凍食品やテイクアウトが多いとのことでした。

滞在中の食事は朝はシリアルと紅茶、昼は外食、夜は平日は何かしらの冷凍食品で休日はジャマイカの料理(カレーのようなもの)でした。

 

イギリスでの食生活

昼食はいろいろな料理を食べました。

フィッシュアンドチップスは、観光客向けのそれなりに高い店と美味しくないと言われているイギリス料理を期待して安い食堂での計2回食べました。

観光客向けの店でのフィッシュアンドチップスは、量が少なめでしたが味は美味しかったです。

安い食堂で食べたフィッシュアンドチップスは、ポテトだけでもマクドナルドのLサイズの1.5倍くらいの量があり、魚も観光客向けの店の倍はありました。

味の方は想像していたよりもおいしく、残念ながらマズいイギリス料理は食べられませんでした(笑)

日本と最も異なる点だと感じたのは水でした。

水道水は飲まないようにホストファミリーにかなり念を押され、食事の時はジュースか紅茶で日中は買ってきたペットボトルの水を飲んでいました。

当然シャワーの水も日本と異なり、異常なほど髪がギシギシになりました。

 

スポンサーリンク

イギリス留学での語学学校

語学学校は、中東系の人が全体の半分ほどで非常に多かったです。

私がいたクラスにいたっては、私と韓国人の2人以外の10人近くは全員中東から来ていました。

英語になまりがあるという知識だけはありましたが、彼らの話す英語はほとんど聞き取れませんでした。

彼らは彼らで私の発音が聞き取り辛かったらしく、最終的に授業以外ではスマートフォンの翻訳機能でコミュニケーションを取るようになってしまいました。

一方、先生の英語は非常に聞き取りやすく、聞き取れない早さで話すこともほとんどありませんでした。

ちなみにホストファミリーは、ゆっくり話してほしいとお願いするとしばらくは私が聞き取れるくらいの早さで話してくれていましたが、数分もすると元の早さに戻ってしまいました・・・。

 

イギリスでの過ごし方、気候

学校は午前中だけが授業だったので、午後は一人でロンドン市内を観光したり、学校のプログラムに参加したりしていました。

イギリスは夏でも湿度・気温が低く、木陰だとやや肌寒く感じられ、曇りの日や雨の日ともなれば薄手の長袖では足りないほど寒い日もありました。

テムズ川の観光クルーズに参加した時は、曇りの日で風を遮るものが何もなかったこともあって船を降りた後、たまらず厚手の長袖(結構高かった)を購入しました。

ホストファミリーが言うにはその年の夏は暑すぎず寒すぎない、過ごしやすい夏だったらしいのですが、私には寒すぎる気温でした。

次に行く機会があれば、秋物の服を持って行こうと思います。

 

留学中に気をつけること

留学中とくに事故や犯罪などには巻き込まれませんでしたが、ロンドンのある通り(名前は忘れました)でお祭りがあった時、クラスメイトが一人スリにあってしまいました。

もともとその通りは治安が良くないらしく、先生たちも「できれば行かない方が良い。どうしても行きたいなら汚れてもいい服と必要最低限のお金だけ持って行って」と釘を刺されていました。

私は根が小心者なこともあり、お祭りには行かずに大英博物館の観光に行っていたのでトラブルには合わなかったのですが・・・

次の日スリにあったクラスメイトが気付かないうちに、カバンをナイフで切られて持ち物を取られていたと知った時には、改めて日本がいかに安全かを実感しました。

 

さいごに

1カ月弱の留学は終わってみると、あっという間でしたが人生で初めての留学だったこともあり非常に濃密な時間でした。

留学を終えて自分ではあまり実感していないのですが、わからないことがあれば積極的に聞くことや自分の意見をハッキリと伝えることなど日本にいては中々身につかない行動が身につきました。

また短期間とはいえ、今まで自分がいた文化とは異なる文化を体験したことで、様々な観点から物事を考えるようになったと思います。

おそらく、これらの留学したことで得たものは、一人で留学したからこそ得ることができたのだと思います。

ゼミの先生が言っていたように、大勢の日本人と留学していたら私は日本語ばかり話して外国にいる実感が薄くなっていたでしょう。

1人で留学するのは、費用もかさむし、何より不安です。
ですが、だからこそ日本語に甘えられない分、得るものも大きいと感じました。

私のイギリス留学体験談が少しでもあなたのご参考になれば幸いです!