留学

【体験談】フィリピンへの短期での語学留学〜リアルな結果をお伝えします〜

フィリピン

フィリピンは、格安語学留学でよく注目されてます。
しかし、本当に英語学習の効果はあるのか?

正直、安すぎる値段に効果を疑ってしまいます。
そんな方のために朗報です!

この記事では、筆者の体験に基づいたリアルな「フィリピン留学による英語学習」を、簡単にわかりやすく解説しています。

フィリピン留学に悩んだときは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

フィリピン短期語学留学で実際、英語は伸びるの?

結論から言います。

私は2ヶ月間フィリピンに留学しました。
しかし、全然、話せるようになりませんでした・・・。

 

フィリピン留学を通して英語について変わったこと

英語に慣れたことです。
抵抗なく、英語を言うことができるようになりました。

つまり、恥ずかしがらずに英語でコミュニケーションができるようになったことです。

 

スポンサーリンク

フィリピン短期語学留学とは?

私は、2ヶ月間だけフィリピンの地方都市バギオにある語学学校「PINES」に通っていました。

フィリピン人にとって英語は、小学校低学年からの必須科目です。
若い人はほぼ英語を話せます。

授業料の安さから、フィリピンは英語の短期留学として注目されています。

 

「PINES」はどんな学校だったか?

ホテルを一部改装して建てられた学校です。

生徒は、そのホテルに泊まることができます。

平日は、朝8時頃から夕方5時頃まで授業を受けていました。
日本人と韓国人が多く、台湾人やサウジアラビア人なども数人在籍していました。

 

「PINES」では、どんな授業だったか?

午前中は、語学レベルに分けられたグループレッスン(1コマ:1時間程度)です。

先生1人に生徒は3、4人ぐらいでした。
リスニングから文法、基本フレーズなどの勉強をします。

午後はマンツーマンレッスン(1コマ:1時間程度)です。
最初は、とても大変でした。
フィリピンの先生はもちろん日本語が話せません。

「わからないことをわからない」と伝えることが一番最初の課題だったと思います。

 

フィリピンでは、どんな生活をしていたか?

平日は朝から夕方まで勉強です。
夕食が終わっても、みんな自習をしてました。

土日は休みです。
休みの日には各々、街に出かけたりしていました。
私は、学校に併設されたジムに行ったり、自習をしていたことが多かったです。

 

バギオはどんな街?

期間としては、4月から6月まで滞在していました。
涼しくて、とても過ごしやすいところです。

物価も安かったですね。
首都マニラからは、バスで7時間ほどです。

 

フィリピン留学を大事な4つのポイントから考察

①効果

あまり効果は実感できませんでした。
2ヶ月の留学ではさすがに無理です。
英語に慣れるという意味では良かったかもしれません。

②コスパ

かかった費用は、約30万円(2ヶ月間)です。
朝食と夕食込みです。
ホテル代も含まれています。

一人部屋か相部屋で料金が上下していました。
振り返って考えてみると、個人的には安いとは言えないかな思います。
ちなみに、韓国の友人はもっと安かったと言ってました。

③良い点

もし仮に、そこそこ話せるレベルだったら、短期留学でも正解だったかもしれません。
英語を話す機会は、朝から晩までたくさんあります。
それなりに対策を練れば効果は出たと思います。

④悪い点

1.日本人が多い

バギオも日本人が多いです。
マニラ、セブなんて日本人しかいません。

場所と学校をきちんと選ばないと大変です。
日本人が多いと、誘惑がとても多くあります。

2.学校の情報が正確でない

私は、日本人が少ないところを選びたかったので、地方都市のバギオを選びました。
しかし、ほぼ日本人と韓国人ばかりでした。

また、語学学校「PINES」は母語禁止とありますが、正確には違います。
この学校はメインキャンパス(ベーシッククラス)とチャピスキャンパス(優秀クラス)があるのです。

母語禁止が適用されているのは、チャピスキャンパス(優秀クラス)だけです。

最初にクラス分けのリスニングテストをします。
私は、全く英語が話せなかったので、一番下のクラスになってしまいました。

もちろん、チャピスキャンパス(優秀クラス)には行けません。
在籍していたメインキャンパス(ベーシッククラス)では、日本語と韓国語が毎日飛び交っていました・・・。

 

留学を考えているあなたへのアドバイス

留学すると英語を話す機会がとてもあります。
たくさん英語を話しましょう。

マンツーマンレッスンでは、それが比較的可能です。

あらかじめ原稿を作って、先生に英語でプレゼンするのも良し。
昨日あったことを自分でまとめて、先生に説明するのも良しです。

暗記するよりも、話す方が英語を覚えることができます。
英語を話して、ボキャブラリーを徐々に増やしていきましょう。

 

さいごに

フィリピン留学での英語学習について紹介していきました。
いかがだったでしょうか。

自分にはどういった英語留学が合っているか。

この記事を参考に、自分に合った英語留学を見つけていただけたら嬉しいです。