留学

アメリカ留学で注意すべき事〜学生ビザの年数、I-20、語学学校選び〜

これから留学のために海外へ挑戦しようと考えているあなた!

留学生活では、文化も環境も違う場所で生活していかなければいけません。

おそらく留学生として行く場合、多くのケースでは語学学校へ行くことになるかと思います。

全ての準備ができたら後は海外へ行き、学校へ行くだけと考えていらっしゃるかもしれませんが、実際に海外へ行くと色々と注意しなければならない事があります。

わたしの留学経験に基づいて、アメリカ留学を例にいくつか紹介していきたいと思います!

 

学生VISAの年数

まず確認しなければならないのが、学生VISA(別名F-1ビザ)の年数です。

学生VISAを申請して受理されたからといって、ずっと海外で留学生活を送れるわけではありません。

これはあくまで学生として勉強することを目的とし、グリーンカードのような永住権ではないのでしっかりと期間が決まっています。

1度申請すると一般的には最長で5年間の学生VISAが与えられるます。

しかし、まれに1年間や3年間の人もいるため、自分に与えられた年数を知っていないと後で大変なことになってしまいます。

例えば、よくあるのが不法滞在です。

実際にはこの与えられた年数を過ぎても、滞在する事ができてしまいます。

ちなみにこれを不法滞在と呼び、見つかった場合はその場で即、強制帰国となります。

もちろん、家の荷物を準備してなどという時間は与えられず空港へそのまま連れていかれてしまうため、「気づかなかった」「期間を知らなかった」という言い訳は一切通用しませんので注意してくださいね!

 

留学生として必要なI-20

学生として留学する為には、まず学生VISAが必要です。

その次に重要になってくるのが、この「I-20」と呼ばれるもの。

これは何かというと「留学生を受け入れるアメリカの大学や語学学校が発行する入学許可証」のことです。

I-20は学校側から紙として渡されるのですが、これにも期間が記載されており、半年や1年間など初めにどのくらいの留学期間を設定するかで変わってきます。

先ほど学生VISAを過ぎてアメリカに滞在していると、それは不法滞在扱いとなってしまうとご紹介しましたが、ではこのI-20の期間が切れないようにするにはどうすればよいのか。

基本的にはその期間が終わる前に延長を学校に申請するか、他の語学学校へ転校するため転校先に行き、新しいI-20を発行してもらうという流れになります。

初めに半年の留学を考えていたので期間が半年分しかない、でももう少し勉強がしたいので更に半年留学期間を延ばしたい。

もちろん延ばす事は可能です。

その時は学校の人へ伝えると延長してくれるのですが、ここで1つとても重要な物を準備しなければなりません。

それは「銀行口座の残高証明」です。

延長するのはよいのですが、延長分の十分な学費や生活費を持っているかという確認を含めたものです。

言い方が悪いかもしれませんが、アメリカはとにかくお金が重要で何でもお金で解決する傾向があります。

ちなみに、留学中に一時帰国したい場合、このI-20を持っていないと税関を通る事ができません。
日本へ戻る時は問題ないのですが、またアメリカへ戻ってくる時に「目的はなんなのか?」を証明する為にも税関で出してくださいと言われます。

そして、更に重要なのが一時帰国する際の学校長からのサインです。

一時帰国する際に語学学校へその事を伝え、I-20の紙にサインを書いてもらいます。

これが日本からアメリカへ戻ってくる時に必要となるので絶対に忘れないでくださいね!

 

スポンサーリンク

学校によって授業スタイル/学費が大きく異なる

アメリカ、特に主要の都市には数多くの語学学校が存在し、授業スタイルと学費がかなり異なるため、自分に合った学校を見つける必要があります。

例えば、NYで最も有名なカプラン・インターナショナルと呼ばれる学校は、半年の学費が100万を超えてしまいます。

これは授業料だけの金額となり、更に生活費や家賃が必要となってくるのでそれなりの資金が必要です。

一方では、半年で20万程度の学校もあります。

しかし、この2つはしっかりとした語学学校です。

では、何が違うのか。

それは授業内容と生徒、そして先生の質です。

高い学校ではそれだけしっかりとした授業が受けられるのですが、安いと先生も語学学校は掛け持ちの仕事の1つ、メインの仕事は別に持っていたりする事があります。

授業でいうとライティングやスピーキングのクラスがしっかり別れている学校もあれば、ひたすら文法だけを学ぶ学校もあるので事前に調べておいた方が良いかもしれません。

ちなみに初めての長期留学でこういった安い語学学校を選ぶのは、なるべく避けた方がよいでしょう。

近年、お金目的の語学学校も多く、生徒が学校へ来ていないのに出席にしたことにして学費だけ払わせて滞在させているパターンがあり、そういった学校は摘発され廃校になる場合があるからです。
平均的な金額は、3ヶ月で30万です。

この金額は留学生向けの一般的な金額で、もしお金に余裕はないがもっと長期で留学してみたいという方は安い学校を探し転校するのも1つの手です。

 

まとめ:留学をする際には目的をしっかりと持とう

留学生は、人それぞれの目的を持って留学をしに来ます。

将来仕事で英語が必要な人、海外の大学へ進学する為に学びにくる人、アーティストを目指す人。

留学をする際に重要なのは、目的をしっかりと持つことです。

この目的を持っていないと無駄な時間を過ごしてしまい、なおかつ英語の習得もできずに帰国することになってしまいます。

遊びに行くという考えではなく、多くの経験と知識を得るという姿勢で楽しく安全に留学生活を送りましょうね!