ダイエット

【体験談】妊娠中のダイエット〜医師から食事指導を受けて〜

当時24歳、妊娠中のダイエット体験談になります。

もともと私はどちらかというと細めで、ダイエットを意識したことはありませんでした。

身長150センチ、体重43キロと標準体型だったと思います。

食べる量も人並みで、会社の従業員食堂でも食べ残したり、おかわりしたりすることはないようなタイプでした。

そんな私が突然大食いになったのは妊娠1か月頃、まだ妊娠したと気づいていない時でした。

 

妊娠1か月頃の大食いの実際

とにかくご飯をいっぱい食べている時間が幸せで、母が作る朝ごはんをたくさん食べてから出勤し、会社についてからコンビニで買ったおにぎりを食べる、というような感じでした。

夫の印象に強く残っているのは、2人で旅館に泊まった時の食事で、ご飯とお味噌汁がおかわり自由であることを私がものすごく喜んでいたこと!だそうです(笑)

自分でも意識はしていませんでしたが、「どのくらいたくさん食べれるか」気にしていたようです。

その後妊娠が発覚し、病院で久しぶりに体重計に乗りました。

体重は47キロくらいです。
「妊娠前から+10キロ以内が理想」といわれる中、妊娠1か月半で+4キロというのはあまりいいことではありませんでした。

しかし主治医の先生いわく「もともとやせ型なので、出産時55キロくらいまでなら大丈夫でしょう」とのことで私には体重管理をしなくてはいけないという概念は定着しませんでした。

「妊娠した!この食欲は食べづわりだったんだ!妊婦ってこういうものなんだ!」と思った私は、謎のハイテンションになり、一層食べるようになりました。

自宅で朝ごはんを食べ、会社のロッカーでいなり寿司を食べ、デスクでサンドウィッチを食べ、一日中オレンジジュースを飲み、従業員食堂でごはんをおかわりし、帰宅してから母の手料理をたくさん食べるという感じがしばらく続きました。

母の手料理も「赤ちゃんに栄養を!」というスローガンのもと、より多く、豪華になっていくのです。

 

主治医からの食事指導

次の妊婦検診の時はすでに50キロ近くになっており、主治医の先生から食事指導を受けました。

母子手帳の備考欄には「やや肥満。食事指導あり」というコメントが残っています・・・。

体重がいきなり増えると下半身に負担がかかることや、出産時に母体が肥満体形だと危険なこともあるという説明を受けました。

妊娠ハイだったところに現実を突きつけられ、なんとも言えない後悔の念に襲われました。

この時が、「ダイエットしよう」と心に決めた瞬間でした!

 

スポンサーリンク

実施したダイエットは?

もちろん、妊婦のため過度な運動や食事制限はできません。

ネットや本で調べてみると、最も推奨されているのは散歩でした。

散歩と合わせて、お風呂や食事でもダイエットを実施しました!

散歩

もともと体を動かすことが好きな性格だったためこれは全く苦にならず、1日に2時間は歩いていました。

いろいろな場所を散歩した中で私がもっともおすすめするのは、大型ショッピングモールです。

理由は、「ウィンドウショッピングできるので楽しい」「天候の影響がない」「綺麗なトイレがいたる所にある」「お腹が張った時すぐに座れる場所がある」「人がたくさんいて安心」ということです。

なるべく身軽な服装で水分もこまめにとりながら、楽しく続けることができました。

お風呂での長風呂とマッサージ

ゲルマニウムの石を浴槽にいれ、温めのお湯に長時間はいっていました。

お供の読書本にはふやけてもガッカリしないよう、リサイクルショップで購入したものを選びました。

食事管理

そして一番大切な食事管理です。

食欲を抑えることはできないので、とにかく牛乳寒天をたくさん作りました。

そして今まで食べていた食事の量をグッと減らし、回数はあまり変えず、寒天→朝ごはん→いなり寿司→寒天→昼食→寒天→夜ご飯と各ご飯の間に寒天をいれてみたのです。

一生続けるには適さないダイエットかもしれませんが、出産するまでの我慢!と思うと続けることができました。

寒天の中にフルーツを入れてみたりと工夫はしましたが、やはり寒天にかわりはありません(笑)

楽しくはないですし、常に冷蔵庫に寒天がはいっているので夫も苦笑いといった感じでした。

 

ダイエットの結果は?

そんなダイエット生活をしばらく続け、最終的には56キロで出産に至りました。

先生が目標と言っていた55キロは超えてしまいましたが、母子ともに健康だったためよかったです。

息子は体重3900グラムと大きめだったので「息子はお腹の中だからダイエットできなかったんだね」と夫と笑いあったことは印象的でした。

妊娠中のため出来ることにも限りがあり、周りからみたらとてもゆるいダイエットだったと思います。

しかしこの期間をきっかけに自分の体重コントロールが大切であることに気づき、今は43キロの体重をキープすることができています。

妊娠ハイには気を付けよう!というダイエット体験談でした。

妊娠中で体重が気になっているというあなたのご参考になれば幸いです!