リゾートバイト

【体験談】4年間のリゾートバイト経験をご紹介します〜コミュニケーション能力が身につきます〜

旅館

はじめまして!
私のリゾートバイトでの経験をお話ししますね!

2013年頃~2017年頃までの約4年間リゾートバイトで派遣社員として働いていました。
(合計4ヶ所の地域で働きました)
仲居業務、お料理だしをメインにお仕事をしていました。

これからリゾートバイトをされるあなたのご参考になれば幸いです!

 

京都でのリゾートバイト

1番最初は行ってみたいという半分旅行に行く気持ちで選んだ場所、京都から始まりました。
観光客が多いこの土地は年中忙しく、私が務めたところは毎日修学旅行生の旅館でした。

夕方、夕食の準備をするために出勤しお料理を出して、お布団敷きを終え、朝食の準備をして帰ります。

翌朝6時頃には出勤して、学生さんを起こしながら朝食を出していきます。

夕食も朝食もお部屋でのお食事だったので、御膳に組んで人数分お部屋に運んでいました。

終わってからはお見送りをして、次のお客様の部屋割り通りアメニティやお布団を用意して朝の業務終了でした。

ここでの制服は作務衣でした。
上の方は二部式のものを夜は着ていて、朝は同じ作務衣でした。

大変だった事はエリア分けがされていて上の方は固定の方が多く、その人のやり方で仕事を進めないと度々注意されるようなことがあったので、同じ仕事内容でも何通りか覚えないといけないところは大変でした。

メリットは割と繁華街の近くに位置していたので、22時頃に仕事が終わっても遊びに行けることでした。
翌朝早いのであまり長居はできませんが・・・。

周りにも遅くまで空いて居るお店がちらほらあったので職場の方と飲みに行ったりなど楽しく過ごせました。

寮費などはかからず、みっちり働けるのでお金を貯めるには良い環境と思ったのですが、繁華街が近いと遊びに使うことも多く私の場合はあまり貯まりませんでした(笑)

こちらには2月半ば~5ヶ月間(延長しました)滞在しました。
この時に仲良くなった方は今でも交流がありますよ!

 

北海道 洞爺湖でのリゾートバイト

次に、北海道の洞爺湖へ行きました。
9月~10月いっぱいの短い期間でした。

こちらは大きいものから小さいものまで宴会場でのお料理だし、朝食は朝食のバイキング会場での業務、チェックアウト後のアメニティのセットなどがメインでした。

制服は洋服(ワンピース)でした。
社員の方は夜は二部式、朝は同じワンピースでした。

リゾートバイト2件目だったのと一般のお客様と接する機会が多くなったので、リゾートバイトは話のネタになることが多かったです。

地元が北海道だったため、まれに知り合いに会うこともありました(笑)

派遣できたスタッフはもちろん、社員の方も若い方が多いように思いました。

また外国人のお客様も多かったため、中国や台湾の派遣スタッフもおりました。

そのため、任期が終わる頃には、みんなで集まって飲みに行ったりなどしていました。

メリットは、自然が多いためゆっくり過ごしたい方にはとてもおススメです。
自然が多いため近くで常に買い物できるところはセブンイレブンだけと、デメリットにもなりますが・・・。

休日も近くにはお店がすごく少ないので車を出してもらったり、レンタサイクルで隣町まで行ったりしました。

少し遠かったですが、リンゴ狩りなどもしましたよ!

人手不足のせいか延長して欲しいとお声を頂いたのですが、個人的な予定があったため短い期間で終了しました。

 

スポンサーリンク

和歌山 南紀白浜でのリゾートバイト

年が明けて2月頃から海の近くがいいと思い、和歌山県の南紀白浜へ4年半リゾートバイトをしていました。

最初の3ヶ月と、後の期間違う旅館でお仕事をしていました。

業務内容は同じくお料理だしと、たまに到着したお客様へのお部屋へのご案内でした。

最初の旅館では、最初の方は宴会場でのお仕事がほとんどでした。
シフトも夕方からのシフトがほとんどでしたので、中抜けはあまりありませんでした。

基本的に着物を着てのお仕事だったので、ここでは着物を着られるようになりました。
たまに宴会場で作務衣の時もありました。

バイキング会場の方は、作務衣でお仕事をしていました。

ここでは、後半小さな宴会場を持たせてもらうことが多く、経験になることがたくさんありました。

次の旅館でも1件ずつ丁寧に接客できるようなお座敷での料理だしを担当することになり、ここでのお仕事はとても楽しくいろんな出会いがあったと思います。

おかげさまで辞める時はたくさんの方が延長希望してくださって、また機会があれば行きたいなと思っています。

白浜は近くに飲み歩けるところも多く、ここでは1番飲み歩く頻度が多かったと思います(笑)
期間も長かったこともあり、地元の方の知り合いもとても多くなりました。

また、高速バスを使えば大阪や京都へすぐ行けるところも良かったです。

 

箱根でのリゾートバイト

最後は、2ヶ月半ほど箱根でリゾートバイトをしていました。

こちらは今までと違い、全10室の小さなところでした。

部屋数も少なく1日のお客様の中、人数も少ないのでゆっくりと仕事をすることができました。
その反面スタッフも少ないので、急な出来事が重なると忙しくなることもありました。

例えば、箱根駅から旅館までが遠いので、社員の方が送迎に出てしまうと派遣スタッフしかおらず、対応できかねる場面が出たりなどありました。

ここでは作務衣での仕事が多く、出勤も15時くらいからがほとんどで寮から旅館までが遠いので車の送迎付きでした。

近くは買い物する場所がコンビニくらいしかなく、ネットでの買い物が多かったです。
都内まではすぐだったので、遊ぶ時は遊べたのでよかったです。
時間はかかりますが・・・。

 

さいごに:リゾートバイトでコミュニケーション能力がついた

全体を通して、人とのコミュニケーション能力を仕事の面でも、プライベートの面でもあげることができたと思います。

交通費は勤務先によって変わりますが寮費や光熱費がかからないところがほとんどだったので初期費用気にせずいきなり行けるので楽しいと思います。

それとなによりも各地に知人が増えたのもよかったな、というのがリゾートバイトをして思う点です。

以上が私のリゾートバイトの体験でした!

これからリゾートバイトをされるあなたのご参考になれば幸いです!!