リゾートバイト

【体験談】リゾートバイトを充実させるためのコツと気をつけること

手帳 閃めき

リゾートバイトでの日々を充実させるために気をつけること

リゾートバイトというと、一般的には観光地での特別な体験をしながら仕事ができる、楽しく過ごせてお金も稼げるというイメージを持ってるといったことも少なくないと思います。

もちろん、それは間違いではありません。

身近な場所で働く時とは違った貴重な経験や、普通の生活を送っていたら今まで出会うことのなかった様々なタイプの人との交流もたくさんあります。

ですが、必ず心に留めてほしいのが「仕事にいく」という意識を常に持っていてほしいということです。

リゾートバイトに行く先では、そこで既に働いている方がたくさんいらっしゃいます。

遊び感覚のまま業務についてしまうと、従業員の方の心象も悪くなるでしょう。

逆に仕事に対しても前向きであれば、バイト期間中の周りの印象もよくなり、仕事の時間もより快適に過ごせるリゾートバイトとなるはずです!

そこではきっとリゾート地での体験だけではなく、仕事に対しての新しい発見もあるかもしれません。
「たった数ヶ月だから」と考えずに、リゾートでの体験も仕事も積極的に行動してみるのが一番だと思います。

また既存スタッフとの交流を持つことで、ガイドブックなどには載っていないその場所のコアな魅力を教えてもらうことができるかもしれませんよ!

 

リゾートバイト先でうまくやるコツ

参考までに、私が草津温泉のリゾートホテルにいったときの話です。

私は一人でリゾートバイトに行ったのですが、担当となったバイキングレストランのスタッフは最初そこまで歓迎ムードではありませんでした。

考えてみれば当然です。

元からいた従業員にしてみれば忙しい中教える手間も増え、私がどういう人間なのかも知らないのですから警戒されるの当たり前のことでした。

最初の2、3日は仕事中とても居心地が悪かったのを覚えています・・・。

それでもこちらから積極的に「何をすればいいですか?」「この仕事はどうやったらいいですか」と声をかけ続け、「まずはスタッフとしての最低限の仕事を覚える」ことのみを考えて業務に就いていました。

私のその姿勢が認められたのか、そのレストランの責任者にも目をかけてもらえるようになり、1週間もしないころには既存のスタッフに普通に受け入れてもらえるようになっていました。

仕事に対する意欲があれば、それを見ていてくれる人は必ずいます。
初めての仕事でわからないのは当たり前、とにかく積極的に仕事に対するクエスチョンを投げ掛けていくといいと思います。

そういった仕事の話をしているうちにプライベートな会話も少しずつ増え、入ったばかりのころとはまるでイメージが違う職場になると思います。
そうなれば元々決めてたリゾートバイト期間は、あっという間に感じてしまうでしょう!

職場が居心地よくなれば、休日の過ごし方も自然と充実してくるはずです。
私もそうでしたよ!

そこで知り合ったスタッフと出掛けるようになったり、色々と面倒を見てもらえるようになったりと、休日は地元では味わうことのできないとても貴重な経験をいくつもしました。

唯一の失敗としては、休日が充実しすぎてあまり貯金できなかったことでしょうか(笑)
それでもそれを補える以上の体験、思い出を私は作ることができました。

友達と一緒にリゾートバイトに行くケースもあるでしょう。
そういった人も、友達とだけ話して過ごすのではなく、周りにもコミュニケーションの気持ちを拡げていってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

さいごに:リゾートバイト生活を快適に過ごす為の大事なこと

職場と寮までの距離や、周辺のお店、生活用品が買える場所の確認、車がない場合には、徒歩圏内の大まかな土地環境を確認してから出発されたほうがいいと思います。

長くいれば他のスタッフと行動を共にして困らなくなってくるかと思いますが、最初は何でも一人でやらなければなりません。

衣食住のことをしっかり確認し、自分のライフスタイルにあったリゾート地で働けることができれば、リゾートバイトはとても魅力的な仕事になると思いますよ!