ダイエット

【体験談】半年で20キロやせた!低予算のダイエットで見た目を変える!

ピンク おもちゃ ピストル

職場でダイエットブームが到来し、私も便乗することにしました。

高額なエステサロンと契約することはどうしても避けるつもりでいました。
低予算で、できることから始めました。

それが結果的に、それがダイエットを成功に導きました!

長時間のデスクワークやストレスから、脂肪がたまりにたまって、鏡を見るのも嫌な状態にまでなってしまいました・・・。

血液検査でも異常値が出始めていました。
一番の悩みは、着たい服が着られないことでした。

オシャレなスカートなど着られず、いつもウエストがゴムタイプのものを探すハメになっていました(涙)

結果的に半年間で、20キロやせることに成功しました。

もちろん、過去にダイエットに失敗したこともありました。

食事を取るのをひたすら我慢する苦しいダイエットではなく、やせていくのを毎週実感できる、楽しいダイエットとなりました。

職場で昼休みにダイエット報告会議などあり、それでダイエットの情報を共有したのは言うまでもありません。

私のダイエット体験談をお伝えしていきますので、ダイエットに頑張っているあなたのご参考になれば幸いです!

 

狙うべきは相乗効果、複数のダイエット方法を組み合わせよう

巷の情報では、○○ダイエットなど、1種類の方法に絞ったダイエットを行う方が多いように見受けられます。

しかし、私は、相乗効果を狙って、複数のダイエット方法を組み合わせました。

たとえば、今話題の糖質制限ダイエットは、確実に減量することが可能です。

目標が「○○キロやせる」など、ダイエットの結果が、体重の一時的な減少でよいのであれば、よいでしょう。

でも、目標体重まで減量して、それを維持するのだったら、その後も糖質を摂取することを続けなければなりません。

脳はブドウ糖を栄養源とします。
ずっと糖質の摂取を制限し続けると、仕事などで重要な局面で力を発揮することができません。

糖質の摂取を制限するのであれば、あくまでも、血糖値の急激な変化を防ぐ程度に留めるべきです。
(血糖値の急激な変化によって、本来、身体が栄養を必要としていないときにも、過剰に空腹を感じやすくなります。)

ダイエットの計画を立てるときには、「食事と運動」は少なくとも組み合わせて取り入れましょう!
それ以外にもできることはたくさんあります。

私は、排泄や血液の循環などにも着目しましたよ!

 

一番の成功の秘訣は、実はダイエット手帳?

ダイエットを習慣的に行うためには、何よりも記録を取ることが重要です。

ダイエット専用の手帳を作りました。

太ってしまったのは、精神的なストレスも原因でしたが、毎日の生活の習慣の中で太ってしまった原因もたくさんあることに気がつきました。

オススメのダイエット手帳活用方法は、朝と夜に、毎日必ず体重を計り、手帳に書き込むことです。

記録を取り続けていて気がついたのは、朝の体重と夜の体重を比較して、夜の体重の方が減っているときが続いているときに、体重が減少し続けていたということです。

これは、エステサロンに通ったことがある、他のダイエット経験者も同じことを言っていました。

この法則に気がついたとき以来、朝起きてから1日の活動量をできるだけ増やすような心構えになりました。

1週間に1キロのペースでやせていくようになり、とても快感で、ダイエットに対するモチベーションが上がりました。

水分は1日1.5リットル摂取するように心がけました。

ペットボトルの中に青汁を入れることが多かったです。

摂取した水分量を排泄しなくては、むくみを生じるので、トイレに行った回数も手帳に書き込みました。

脂肪を燃焼させるためには、身体を温めることも必要です。

長めの時間の入浴は効果的です。
身体を冷やすような冷たい飲み物を飲むのは控えましょう!

ダイエットのためにいいことをしたときには、是非、手帳に書き込みましょう。
モチベーションの維持に役立ちますよ!

 

スポンサーリンク

運動はプールで歩く

あくまでも、エステサロンと契約しないことに焦点を絞ったダイエットでしたので、運動は必須と考えていました。

ストイックな運動が苦ではないのであれば、ウォーキングやジョギングなど、定期的に行うのがよいでしょう。

一般的に、有酸素運動を20分以上継続して行うと、脂肪の燃焼が開始します。

ただ、どうしても、ウォーキングやジョギングが苦手な人もいます。
私もその一人でした・・・。

そもそも、ストイックな運動が得意と自負できる方は、ダイエットを開始するときに、既に、ウォーキングやジョギングを計画の中に入れていることでしょう。

私は有酸素運動として、水泳を選びました。

20キロやせた、ということは普段より20キロ太っている状態でしたので、陸上で運動するには膝などに負担がかかる状態でした(涙)

水中では、陸上と重力が異なります。
その重力差を利用しました。

水中では、ずっと泳いでいなくてもよいのです。

水中を1時間歩くだけで、体重にもよりますが、なんと360キロカロリー程度を消費します。

陸上でのウォーキングの3倍程度の消費カロリーとなります。
1週間に1度、プールに通い続けましたよ!

 

食事は食物繊維と肉を

食事は、食物繊維と肉の摂取を多めにすることを心がけました。

食物繊維を多く摂取することで、排泄がスムーズになり、体内の循環がよくなります。

肉には脂肪を燃焼する、L-カルニチンが含まれています。
脂身の少ない部位の肉を選んでくださいね!

無理な食事制限は決してしないでください。
食事制限を行うというより、食生活を見直すような感覚です。

食事を減らすだけのダイエットでは、リバウンドしやすいだけではなく、体内の筋肉量が減少し、基礎代謝が落ち、やせにくい身体になってしまいます。

 

さいごに:20キロやせれば見る目が変わる

いかがだったでしょうか?

参考になるものがあれば、是非ダイエットに取り入れてみてくださいね!

20キロもやせれば、他人が自分自身を見る目が変わりますよ!

私は彼氏と長期間に渡り喧嘩している状態で、もう別れを告げようと思っていましたが、やせていくにつれ、彼氏が優しくなり、プロポーズされるに至りました(笑)

他人の見る目も変えられるダイエットを一緒に頑張っていきましょう!

私のダイエット体験談が少しでも、あなたのお役に立てれば幸いです。