リゾートバイト

リゾートバイトの裏方仕事の詳細!寮や勤務先を選ぶ際に注意するポイントとは?

リゾート 砂浜 青い海 ヤシの木

これからリゾートバイトで勤務を考えているあなたが注意するべきことや裏方仕事は何をやるのか、参考になるような情報を私の体験談も含めて、まとめて紹介していきますね!

 

リゾートバイトで裏方はどんな仕事をやるのか?

裏方は、旅館またはホテルによって仕事内容が異なりますが大部分は似通っている傾向があります。

仕事内容は以下の通りとなります。

1.清掃
2.夜の布団敷き
3.食器下げと仕分け
4.食器洗い

以上の4つが裏方従事で担当することになりやすい仕事内容です。

裏方勤務の内容はやることは単純であり、覚えることも少ないため非常に簡単です。

仕事の詳細についても紹介しますね!

 

清掃の時間

清掃は基本、お客様が部屋を退出した後に行う作業となります。

清掃の時間は大体、朝の9~10時以降に作業を行うことが多いです。

作業時間は部屋数にもよりますが、午後の3時に終えるように清掃を行います。

なぜ、午後の3時という時間制限が付いているのか?

それは次のお客様が清掃が終了した部屋を使うために、もしくは観光などを終えて部屋に帰宅するお客様に備えるためです。

ですので、部屋数と清掃人数次第では、かなり急ぎ足で清掃を行わねばなりません。

※私の体験談となりますが、午後3時までに清掃を終える必要があった部屋数は約10部屋以上でした。
あくまでホテルの場合という注釈がつきますが。

清掃は部屋を掃除する以外にも仕事がある

清掃と聞くと、部屋の掃除だけで終わるように感じるかもしれません。

ですが、清掃はそれだけではありません。

部屋を掃除する以外にも部屋を整える必要があります。

どのような仕事内容か、簡単にまとめますね!

1.掃除機で部屋全体を綺麗にする
2.洗面器・トイレ・備え付けの風呂場の掃除
3.使用されたコップの洗浄
4.ハンガーやスリッパなどの物の整理
5.シーツ掛けや布団敷き
6.使用後のシーツ・布団カバー・バスタオル・フェイスタオル・浴衣・ゴミなどを収集する
7.バスタオル・フェイスタオル・歯ブラシ・歯磨き粉・浴衣などの補充

清掃で一部屋を担当する場合は内容はこのようになりますよ!

一部屋掃除するために必要な時間は約30分ぐらいです。

布団敷きは勤務場所によって時間が異なる

布団敷きとは言葉通り、布団を敷く作業のことを指します。

布団を敷く時間は、勤務場所によって異なります。

午後にお客様が部屋に入る前に予め布団を敷いておくのか、それとも夕方以降に部屋に入室して布団を敷きに行くのかのどちらかです。

布団敷きについては、やることはこれだけです。

 

食器下げと仕分けとは?

布団敷きした後にやることが多いのが、食器下げとその仕分けです。

お客様が食事をし、使用した食器を客室係(仲居さん)が下げてくるため、その食器を仕分けていくのです。

プラスチックコンテナを用いて、食器の種類ごとにガラス物やコップごとに分けていきます。

お客様が食事中はやることが少ないです。忙しくなるのは夕方の19時以降から、食事を終える方が多くなるため、慌ただしくなります。

 

食器の仕分けが終わった後は食器の洗浄

お客様全体が食事を終了し、仕分け作業も同時に終わります。

食器の仕分けを行ったプラスチックコンテナを洗い場まで持っていきます。

洗い場まで持っていった食器は、その場で洗浄することになります。

これに関しては、仕事場にもよります。
洗い場担当の人がいる場合は、食器を洗う必要はありません。

洗い場担当の人がいない場合は、大体は裏方がそれを担当することになります。
※ただ洗い場の手伝いをするときがありますので注意。

 

リゾートバイトの裏方は心的負担が少なく、プライベートな時間を取りやすい

このようにリゾートバイトの裏方は、肉体労働が基本となります。

確かに肉体的には辛い時期も存在しますが、私としては裏方従事を選択してよかったと今でも思います。

理由として、第一に心的負担が少ないです。

客室係を担当している人と接することでわかることですが、客室係は体を壊している人が非常に多い印象がありました。

客室係は基本は、勤務時間が長い傾向があります。
私が知る限りでは、多くの人は約10時間以上の勤務を強いられています。

繁盛期では12時間以上の勤務は当たり前、という状態がよく見受けられていました。

その点、裏方は8~9時間程度の勤務となります。

繁盛期はさすがに10時間以上の勤務をする場合がありますが、それでも客室係と比較するとそこまで勤務時間は長くはありません。

プライベートな時間も取りやすく、観光などの楽しみを満喫する方も多いですよ!

時給は少し低めな欠点もありますが、長期間勤務する場合は全然有りなのではないかと私は思います。

※短期間でお金が欲しい場合は、客室係を選択するのも大いに有りかと。
勤務時間が必然的に多くなるため、お金が稼ぎやすいです。

 

スポンサーリンク

リゾートバイトの寮選びは妥協しない

これからリゾートバイトをやろうとしているあなたに、絶対に言っておきたいことは寮を選ぶときは妥協してはいけないという点です。

私自身の体験談となりますが、初めてリゾートバイトに従事するときは気持ち的には気分上々でした。

「これからリゾートバイト頑張っていこう!」という気持ちを持ちながら、いざ寮の部屋に入った瞬間、モチベーションは一気に下降しました。

理由は、寮の部屋が異常に汚かったからです。

例えばトイレを使用しようと思って扉を開けたら、便器の色が全体的に茶色で元の色が分からない状態でした。

トイレを長年掃除していない影響で、それほどの汚れがこびりついていたのだと思います。

他にも水道から水を出したときに、茶色の水が出たときは今でも衝撃的な光景として覚えています。

当時の私は水道から透明な水以外が出てくるとは思っていなかったため、本当に驚きを隠せませんでした。

寮はこれから生活の基本となる大切な場所です。

仕事以外では長い時間の間、その部屋で過ごすため、部屋の良し悪しはモチベーションに非常に関わってきます。

ですので、必ず担当者には部屋の状態のことを聞いておくのが一番です!

 

コンビニが近くにあるか確認する

勤務先を吟味する際に注意する点として、コンビニが近くにあるか確認しておくのが最善です。

これまた私の体験談となりますが、以前に勤めたリゾートバイトの勤務先にコンビニが近くになく、非常に困った経験をしました。

やはりコンビニのまた生活の要となる大切な場所なので、こちらも必ず近場にあるか確認しておきましょう。

 

さいごに:リゾートバイト選びは慎重に

いかがだったでしょうか?
少しでも参考になる情報があれば幸いです。

リゾートバイトを選ぶときはどうしても時給に目が行きがちになりますが、私としてはそれにあまり目を向けず、慎重に事に運ぶのが第一だと考えます。

例えば、人付き合いが苦手なのに客室係を選択したりするのは、本当にやめたほうがいいと断言します。

リゾートバイトは短期間でお金が欲しいときに、本当に便利な仕事となっています。

ですが、それだけにとらわれず、生活の基本となる寮やコンビニなどといった情報も仕入れ慎重に仕事を選択しましょう!!

※あと自炊が苦手であればその勤務先ではご飯が出されるか、きちんと確認するのがベストですよ!